プロミスのおまとめローンで2社の借り入れを借り換えした女性の体験談

公開日:

もともとアコムとアイフルからお金を借りてたんですけど、毎月別々の返済期日に入金をするのがものすごく面倒で、「これはおまとめローンを活用するしか!」と思って利用しました。

プロミスのおまとめローンを利用してみて私が思ったことを、発信していきます。

氏名 佐藤彩さん(仮名)
性別 女性
職業 会社員
年収 300万円未満
年齢 30代
借入額 90万円
利用期間 2015年3月~2016年2月

返済期日がバラバラなのは相当なストレス

繰り返しになりますが、プロミスのおまとめローンを利用するまではアコムとアイフルからお金を借りていました。

たった2社から借りているだけなのにおまとめローン?と思われるかもしれませんが、返済期日が異なるってのは計画を考える上で非常に邪魔なものだったんですね。

特に私なんかは買い物が趣味みたいなものだったので、出費の日数がずれたりすると非常に困っていたわけです。

なんとしてでもこれを1つにしたかったので、プロミスのおまとめローンへ申し込むことに決めました。

アコムとアイフルにも似たようなサービスはありますが、これ以上アコムとアイフルを利用するのは我慢の限界だったので、新しいキャッシングを利用することに決めました。

プロミスのおまとめローンは電話から申し込み

当時私がアコムとアイフルから借りていたのは、90万円。

毎月1万5千円のペースで返済を続けており、特に問題はなかったのですが、返済期日が異なるのは非常にストレスでした。

そこでおまとめローンでプロミス1つにまとめて、早めに全額返済してしまおうと考えました。

通常のフリーキャッシングであれば、インターネットや無人契約機から申し込めるみたいですが、おまとめローンは電話でのみ問い合わせと申し込みを受け付けているようです。

電話をしてみたら、どうやら無人契約機や店頭窓口からも申し込みができるとのこと。

外出するのが億劫だったので、そのまま電話で申し込み手続きを進めました。

おまとめローンの申し込みは収入証明書類も必要

アコムとアイフルのときは、審査の申し込みに本人確認書類だけあればよかったのですが、プロミスのおまとめローン審査には収入証明書類が必要です。

「収入証明書類ってなに?」って思ってすぐに聞いたんですけど、会社からもらえる給与明細書とか源泉徴収業がそうみたいです。

確定申告書でも良いってオペレーターのお姉さんが言ってました。

あ!あとこれだけは忘れちゃいけないんですけど、提出する書類は必ず直近の最新のものを用意した方がいいです。

私は以前古い住所のまま書類を提出しちゃって、すっごく面倒だった覚えがあるので、提出する前に一度確認した方が良いかもしれません。

要注意!おまとめローンは追加の借り入れはできません

これも申し込んでから知ったことなんですけど、おまとめローンって好きな時に借り入れや返済ができるわけじゃないんですよね。

最初に契約したときに決められた借り換え金額だけ出してもらって、あとはずっと返済になるんです。

だから、急な出費が多いって人は気をつけた方が良いかもしれません。

私も返済中に何度かピンチになったりしたので、もしもの時に頼れる友人がいると良いかもしれないです。

ただ、返済期間が最長で10年とすごく長いので、余裕をもって返済していっても良いかもしれません。

「利息を無駄に払いたくないよ~」って方は早めに全額返済しちゃう方が良いですね。

私は早く返済を終わらせたかったので、毎月の返済以外にも、繰り越し返済をばんばんして1年以内に全額返済することができましたよ。

総量規制が気になっている方も借り換えれば大丈夫

もしかしたら、おまとめローンになると総量規制が気になって怖いという方もいるかもしれません。

ただ、おまとめローンって総量規制の対象外になるんですよね。

だから、借り換えてひとまとめにしても金額の面では何の問題もありません。

消費者金融からの借り入れが多い方は、おまとめローンの審査に申し込む前に借入残高がどれくらい残っているかはあまり気にしなくても大丈夫です。

ただ借入希望額は正確に記入するようにしてくださいね。

MAXでも借り換えられるのは300万円まで

プロミスのおまとめローンは、融資額が最大で300万円までなんです。

だから、もしすでに借入残高が300万円以上あるって方は、全部は借り換えることができません。

それに、あくまで最大が300万円なので、必ずこれだけ借り換えることができるわけじゃないです。

私は実際90万円の借り換えでも審査がギリギリだったような感じがしますし、申込者の信用情報や属性次第なところがあります。

こればかりは良い条件で働いている人が有利になっていくので、ある程度限界があることも覚えておいてください。

とにかく、今の時点で多方面へ返済するのがもう疲れたよって方は、一度おまとめローンへの借り換えを検討してみてもいいのになと思います。

わからないことだらけだと思いますから、まずは気軽にコールセンターで聞いてみてはいかがでしょうか?