総量規制を知らずにプロミスから10万円を借りた学生アルバイトの体験談

公開日:


今回ご紹介するのは、総量規制の対象でもあるプロミスから融資を受けることができた、学生アルバイトの高崎さんの体験談です。

とある事情でプロミスからお金を借りることを決めた高崎さんでしたが、ホームページの情報だけでは総量規制の情報に気付くことはできませんでした。

どのようにして借り入れにまで至ったのか、その流れをお話してもらいましょう。

氏名 高崎仁志さん(仮名)
性別 男性
職業 学生(アルバイト)
年収 120万円
年齢 20代
借入額 10万円
利用期間 2014年7月~2015年1月

時間が有り余る大学時代に趣味でやってたFX


僕がプロミスからお金を借りようと思ったのは、FXの赤字が原因でした。

僕が通っているのは都内にある私立M大学なんですが、文系の大学ということもあってわりと暇な時間が多かったんですよね。

アルバイトを週3,4日程度やりながら、空いた時間でもお金を稼ごうと思ってFXを始めたんです。

長期だと利益を回収するまでに時間が掛かるんで、僕がやるのは短期のスキャルピングやデイトレードが中心でした。

暇で時間さえあればFXに集中してたんで、そのおかげもあってか月に2万円くらいの利益を出すことができたんです。

バイト代が月に8万円、FXが月に2万円で、月に10万円。滋賀から上京してきたので学生寮にいて、生活費は月に5万円くらい。

残りは貯金する月もありましたが、流行のものには敏感だったので、スマートフォンや衣類にお金を使うことが多かったですね。

友人の助けもあって大学の単位も特に落とすことなく、4年生をフル単で迎えてあとは卒論を書き上げるだけの順風満帆な大学生活でした。

周りが就活で忙しそうにしている中、僕自身は院に進学する予定だったので、進学のための勉強と卒論をしながら有り余った時間でFXにのめり込んでいきました。

あり余る時間でFXでの取引の幅を増やしていく


大学の講義へ出席する時間が無くなった分、FXで取引をする時間は増えていきました。

この頃にはFXでの利益が月に4万円くらいになって、徐々にアルバイトのシフトを減らす余裕も出てきました。

年収は全部で120万円くらいはあったと思いますが、両親の扶養に影響するのでFXの収入は内緒にしたままでした。

そして、これまでは空いた時間に集中して出来るスキャルピングやデイトレードが中心でしたが、卒論のために1日大学へ行ったり、友人と泊まりで遊んだり旅行する機会が増えたので、スイングトレードもやり始めました。

これがのちに大きな赤字を出す原因になったんですよね。

新しく始めたスイングトレードなので慎重に投資するべきだったんですが、これまでにやっていたスキャルピングやデイトレードで自信がついていたこともあって、直感で上がりそうな部分に投資していきました。

2016年7月、海開きに乗じて計画していた友人と静岡の伊豆まで泊まりで行っている間に事件が起こります。

初めての大損で大パニック


伊豆から帰ってきていつものようにチャートをチェックすると、異変に気が付きました。

購入した3件のスイングトレードが、どれも大幅な下落を食らっていたんです。初の大赤字でした。

それなりのハイレバで取引をしていたこともあって、赤字の合計はなんと20万円。

FXで稼ぎがあったとはいえ遊んでばかりいたため、貯金は10万円足らずしかなく、残りの10万円をなんとかするしかありませんでした。

もし無視すれば、証券会社や銀行から実家に連絡がいってしまうかもしれません。

両親にバレることはなんとしてでも避けたかった僕の頭によぎったのは、ネットで見たことのある「キャッシング」でした。

「けれど学生アルバイトで借金することができるのか?大丈夫なのか?」と心配で、とにかく検索をして調べました。

そうして行き着いたのが、成人していて安定した収入なら学生アルバイトでも融資を受けられる「プロミス」でした。

プロミスは消費者金融の中でも非常に評価が高かったので、安心して申し込むことができると感じました。

プロミスで借りられる金額は総量規制で決まっている?

大手消費者金融
調べていくうちにわかったことがあって、プロミスから借りられる金額は「総量規制」という法律で決まっているということ。

自分の年収の3分の1までが借りられる金額で、それ以上は総量規制対象外のローンを利用するしかないようです。

幸いにもそこまで大金を借りる予定はありませんでしたが、不安ではありました。

アルバイトの年収はおよそ100万円。総量規制の通りなら30万円は借りられるはずです。

けれども、お金を借りる理由はどうすればいいんだろう?忘れていたけど担保や保証人も必要なのではないか?といろいろ不安はありました。

しかしプロミスのようなキャッシングは、生活費のためにお金を借りることができる上に、担保や保証人もなしで申し込むことができるんです。

いろいろ調べた結果、安心して僕はプロミスへ申し込むことにしました。

希望通りの限度額にはならなかったけど乗り切ることはできた


初めてのキャッシングなのでもちろん緊張しましたが、結果から言うとプロミスの申し込みはすごく簡単でした。

氏名や生年月日の他に、年収や勤務年数、借入方法や希望する金額を記入しました。

希望した金額は総量規制いっぱいの30万円。30万円も借りる必要はありませんでしたが、余裕をもって申し込んでおこうと思ったんです。

自室で審査結果を待つこと1時間、電話で審査結果通知の連絡がきて無事に通りました。

実際に審査に通った借入限度額は10万円でしたが、学生アルバイトという身分では仕方がないのかなと思います。

とにかく両親にバレることなくお金を借りることができたので、無事に赤字分をなんとかすることができました。

年明けに親戚一同からもらった臨時収入でまとめて全額返済してからは、今も万が一のためにプロミスカードを持っています。