静岡銀行カードローン「セレカ」の保証会社とは?

公開日:

必要書類を持つスーツ姿の人

銀行カードローンに申し込みをする際には保証会社をしっかりチェックすべきだといわれます。
それは、保証会社がカードローンの審査やその後のカードローンの利用に大きな役割を果たしているらです。
今回は静岡銀行カードローン「セレカ」の保証会社について解説します。

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査は保証会社が行っている

静岡銀行カードローン「セレカ」の商品概要を見ると「保証会社の保証が受けられる方」とありますが、保証会社とはいったいどのような役割を果たしているのでしょうか?

カードローン保証会社の役割その1:カードローン審査

保証会社の重要な役割の一つにカードローンの審査業務があります。
銀行カードローンの審査はカードローン会社自身、つまり銀行が直接行なっているのではなく、保証会社がそのほとんどを代理で行っているのです。
もちろん静岡銀行カードローン「セレカ」でも、保証会社が審査を行っています。

カードローンの申し込み先も、申込者が実際に契約をする相手も静岡銀行であるにも関わらず、 申込者は保証会社の審査に通過しなければ静岡銀行カードローン「セレカ」を利用できません。

静岡銀行自身が静岡銀行カードローン「セレカ」の審査にノータッチというわけではありませんが、実際に行うのはごく簡単な審査のみです。

静岡銀行カードローンの審査基準を徹底解説!【審査難易度・審査時間・審査の流れ】

カードローン保証会社の役割その2:保証業務

保証会社はカードローン審査を行うだけではなく、審査に通過した申込者の保証人となります。

静岡銀行カードローン「セレカ」の保証会社も保証人として以下のような業務を行っています。

  • 静岡銀行カードローン「セレカ」の返済が滞った時には、利用者に対して返済の督促をする
  • 万一、静岡銀行カードローン「セレカ」の利用者が返済不能に陥った場合には、静岡銀行に対して一括返済を行う(代位弁済といいます)
  • 代位弁済で肩代わりした借金を静岡銀行カードローン「セレカ」の利用者から回収する

保証会社が静岡銀行に対して代位弁済を行ったとしても静岡銀行カードローン「セレカ」の利用者の借金返済義務がなくなるわけではないので注意しましょう。
代位弁済後は、静岡銀行カードローン「セレカ」の利用者は、静岡銀行カードローン「セレカ」での借り入れを保証会社に対して返済する義務を負います。

静岡銀行カードローン「セレカ」の保証会社はどんな会社?

静岡銀行カードローン「セレカ」では、

  • 静銀ディーシーカード(クレジットカード会社)
  • 新生フィナンシャル(消費者金融・レイク)

の2社が保証会社となっています。

静銀 ディーシーカードは静岡銀行の子会社のクレジットカード会社、また、新生フィナンシャルはカードローン「レイクALSA」を取り扱う消費者金融で、どちらの保証会社も保証業務を非常に得意としている貸金業者です。

なぜ保証会社が静岡銀行カードローン「セレカ」の審査を行っているのか

静岡銀行カードローン「セレカ」は静岡銀行の商品なのに、なぜ外部の保証会社が静岡銀行カードローン「セレカ」の審査を行っているのでしょう
銀行がカードローンを商品として取り扱うようになった経緯を知ると、銀行カードローンにおける保証会社の位置づけや役割を理解しやすくなるはずです。

銀行がカードローン業界に進出した背景とは…

銀行がカードローン業界に進出した経緯とはどのようなものだったのでしょうか?

企業向け融資では大きな収益を上げられなくなった

もともと銀行は企業に向けた融資をメインとしており、カードローンのような無担保・無保証人の個人向け融資にはそれほど関心を持っていませんでした。
ところがバブルが崩壊後、景気が後退するにつれ企業向けの融資は減少していきます。

収益の柱であった企業向け融資の規模が縮小したため、銀行は本来の業務だけでは大きな利益を生み出すことが難しくなってきたのです。
こうして銀行の視線は個人向け融資であるカードローンに向けられていきました。

貸金業法の改正で貸金業者の経営規模が縮小した

ちょうど同じ頃、貸金業法の改正によって多くの貸金業者は営業規模を縮小せざるを得ない状況に陥っていました。
貸金業者の過剰融資による多重債務者の激増が大きな社会問題になっていたことから貸金業法が抜本から改正されることになり、

  • 総量規制の導入
  • 上限金利の引き下げ

などが新しく盛り込まれたからです。

個人に融資できる金額が年収の3分の1までに制限され、貸付に対する上限金利も厳格に規定されたことで、消費者金融など貸金業者の融資残高は大幅に減少しました。

また、それまで利息制限法と出資法という2つの法律の上限金利の違いを巧みに利用して違法な高金利を適用して融資を行ってきた多くの貸金業者は、過払い金の返還で経営が大きく圧迫されていったのです。
結果、中小の貸金業者の多くは倒産し、大手消費者金融なども単独で生き残るのが困難になってしまいます。

銀行は個人向け融資のノウハウに乏しい

銀行は、景気の悪い時でも安定した収益をあげられる個人向け融資のカードローン への参入を模索していましたが、銀行の業務は有担保の融資が中心ですから、無担保・無保証人の個人向け融資に関するノウハウを持ち合わせていませんでした。

そこで銀行がとった方法というのが保証手数料を支払ってカードローンの補償業務を貸金業者に委託することだったのです。
これなら、一から個人向け融資に関するノウハウを蓄積する手間とコストを省けます。

また、保証手数料という収入を継続的に得られるのですから、銀行からのこの提案は収益が激減した貸金業者にとっても大きなメリットがあったといえます。
こうして多くの貸金業者は銀行の傘下に入り、銀行カードローンの保証会社としても活動をするようになったのです。

保証会社が審査することでより多くの情報の収集が可能に

保証会社が銀行カードローンの審査をするもう一つのメリットは、銀行が直接審査を行うよりもより多くの情報を収集できる点にあります。

カードローン審査を行うには個人信用情報機関に照会して信用情報の調査をしなければなりません。

現在日本には

  • CIC(シー・アイ・シー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用センター)

の3つの信用情報機関がありますが、このうち銀行がチェックできるのはKSCのみ。
CICとJICCは貸金業者しか利用できません。
ところが、貸金業者が保証会社となってカードローンの審査を行えば、全ての信用情報機関の情報を調査でき、より多くの情報をもとに慎重に申込者の返済能力について審査を行えるというメリットもあるのですね。

静岡銀行カードローン「セレカ」の保証会社は2つ

銀行カードローンの保証会社は1社であることが多いのですが、静岡銀行カードローン「セレカ」では

  • 静銀ディーシーカード
  • 新生フィナンシャル

の2社が保証会社となっています。

2つの保証会社のうちどちらかの審査に通過すればよい

静岡銀行カードローン「セレカ」には2社の保証会社がありますが、両方の保証会社の審査に通過する必要はなく、どちらか一方の保証会社の審査基準を満たしていれば静岡銀行カードローン「セレカ」の審査に通過できます。
保証会社が1社しかなければ、その保証会社の審査に通過できなかった時点で審査落ちが決定してしまいますが、静岡銀行カードローン「セレカ」では審査を受けるチャンスが2回ありますから、審査に通過できる可能性は保証会社が1社のカードローンよりも高いといえるでしょう。

ただし、2社の保証会社の審査を受けることで静岡銀行カードローン「セレカ」の審査時間が長引く場合もありますので注意が必要です。

「セレカ」の保証会社で金融事故を起こした人は要注意!

静岡銀行カードローン「セレカ」は、保証会社が1社しかないカードローンと比べて審査に通過できる可能性が高いです。

ですが、静岡銀行カードローン「セレカ」の保証会社である

  • 静銀ディーシーカード
  • 新生フィナンシャル

で以前に返済トラブルを起こしたことがあるという人は要注意です。

信用情報に登録された事故情報は一定の年数が経過すれば削除されますが、返済トラブルを起こした金融機関には事故を起こした利用者の情報がすっと登録されており、2度と審査に通過できないようになっているからです。

従って、静銀ディーシーカード、新生フィナンシャルのどちらかで過去に金融事故を起こしたことがある場合でも、もう一方の保証会社の審査に通過できれば静岡銀行カードローン「セレカ」の審査に通過できる可能性はあります。
しかし、両方の保証会社で問題を起こしているような場合には、静岡銀行カードローン「セレカ」の審査には通過できません。

おわりに

静岡銀行カードローン「セレカ」には2社の保証会社がついていることで、他の銀行カードローンよりも審査に通過できるチャンスが多いと分かりました。
また、銀行カードローンにおける保証会社の役割を理解すれば、カードローンの正しい利用の仕方や返済のしくみを知ることもできます。
これから静岡銀行カードローン「セレカ」の審査を受けるという人も、すでに静岡銀行カードローン「セレカ」を利用しているという人も、保証会社の役割を理解して上手に活用してください。