三井住友銀行カードローンを利用!ATMの使い方や自動融資の方法

公開日:

三井住友銀行カードローンを初めて利用するとき、ATMでの借入方法や返済方法など、分からないことも多いかと思います。

そこで今回は、三井住友銀行カードローンを利用する前に知っておきたいATMの使い方や自動融資の方法について紹介します。

利用できるATMや利用可能時間についても紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

三井住友銀行カードローン利用前に、三井住友銀行カードローンの審査基準を知りたい方はこちら→三井住友銀行カードローンの審査基準は?審査に通る人の特徴も解説

三井住友銀行カードローンで利用可能なATM

利用できる金融機関のATM

三井住友銀行カードローンは金融機関やコンビニのATMで利用することができます。

金融機関は三井住友銀行のATMやゆうちょ銀行のATM、そのほか提携金融機関のATMでも利用可能です。

提携金融機関はBANCS提携金融機関や地方銀行、信用金庫や信用組合などがあります。

利用できない金融機関もあるので、三井住友銀行やゆうちょ銀行以外の金融機関のATMを利用するときは、事前に確認しておきましょう。

利用できるコンビニATM

コンビニのATMは店舗によって種類が違い、利用できるATMと利用できないATMがあります。

コンビニごとにあるATMの種類や、利用できるATMについて紹介します。

E-netのATM

E-netのATMが設置されているコンビニは、ファミリーマートやミニストップ、サークルKやデイリーヤマザキなどです。

E-netのATMはスリーエフやポプラにもあります。

ローソンATM・セブン銀行ATM

ローソンに設置されているローソンATMや、セブンイレブン・イトーヨーカドーなどに設置されているセブン銀行ATMからも、三井住友銀行カードローンが利用可能です。

ATMの利用可能時間

金融機関のATMの利用可能時間

ATMを利用する際に知っておきたいのが、ATMの利用可能時間です。

金融機関のATMはその金融機関の営業日や、営業時間によるところもあります。

金融機関のATMを利用するときに、行ってみると営業していなかったということがないよう、チェックしておきましょう。

三井住友銀行のATM

三井住友銀行ATMの利用可能時間は店舗ごとに異なります。

公式ホームページの店舗検索から利用したい店舗を検索して、確認しておくのがベストです。

7時から24時までなど利用可能時間が決まっているATMもありますが、なかには24時間対応のATMもあります。

24時間対応といっても、毎週日曜日21時から翌月曜日7時までは休業となっていることもあるので、利用する際は注意が必要です。

ゆうちょ銀行のATM

ゆうちょ銀行のATMは、平日8時から21時まで利用可能です。

土日祝日は9時から19時までと、利用可能時間が短めになっています。

店舗ごとに利用可能時間が異なる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

コンビニATMの利用可能時間

提携コンビニのATMは、基本的にコンビニの営業時間に合わせているため24時間営業です。

ただし設置場所によって、利用可能時間が決まっている場合があります。

ATMで借り入れをする方法

ATMで借り入れをするときの手順

三井住友銀行カードローンを利用してATMで借り入れをする際、特に難しい手順を踏まなければならないといったことはありません。

ATMからの借り入れは、銀行の預金口座から現金を引き出すのとほぼ同じ手順で行います。

まずATMの画面から「お引き出し」「お借入」を操作し、三井住友銀行カードローンのカードを挿入します。

次に借り入れ希望額や暗証番号を入力するだけで完了です。

出金できる限度額に注意

借り入れをする際に注意したいのは、出金できる金額や紙幣の枚数に制限があることです。

だいたいの場合、ATMから1日に引き出せる現金は50万円までなど決まっていることがあります。

一度に引き出せる紙幣の枚数も、50枚までなど出金限度額に合わせて設定されています。

大きな金額を借り入れる際は、利用するATMの出金制限を確認してから引き出すようにしましょう。

ATMで返済をする方法

ATMで返済をするときの手順

三井住友銀行カードローンはATMで借り入れをすることができるほか、返済もATMからすることができます。

操作方法は簡単で、銀行の預金口座に入金するイメージで行います。

最低返済額を上回る金額なら、いくらでも返済することが可能です。

返済するには、まずATMに三井住友銀行カードローンのカードを挿入します。

次にATMの画面から「ご返済」を操作し、返済したい金額をATMに入れるだけです。

返済が完了すると、返済明細がでてくるので忘れずに受け取っておきましょう。

ATMで返済をするメリットと注意点

コンビニなど24時間利用可能なATMもあるため、いつでも返済することができて便利なのがメリットです。

土日や深夜でも利用可能なATMがあれば、すぐに返済することができます。

注意したいのは、土日にATMで返済した場合すぐに返済記録が反映されないことです。

カードローンの返済は金融機関を介しているため、着金するのは翌営業日となります。

返済期日がせまっているなかで土日に返済するときは、返済日が翌営業日になることに注意する必要があります。

ATMを利用する際の注意点

手数料がかかる場合がある

三井住友銀行のATMを利用しての借り入れや返済は基本的に手数料無料となっていますが、提携金融機関のATMを利用する場合は手数料がかかります。

地方銀行や信用金庫など提携金融機関を利用するときは、手数料がいくらかかるかなど確認しておくのがベストです。

ゆうちょ銀行やコンビニのATMも手数料無料なので、手数料が気になる方はコンビニATMを利用するのも手です。

硬貨の利用ができないATMもある

利息を含めた金額をピッタリ返済したい場合、硬貨も含めてATMに入金しなければならないことがあります。

ほとんどの三井住友銀行のATMでは硬貨も利用することができますが、コンビニのATMなど硬貨の入金に対応していないATMもあります。

1円単位で返済したい場合や完済したい場合、利用するATMが硬貨を入金できるATMかどうかを確認することが大切です。

三井住友銀行には自動融資機能がある

クレジットカードの利用料金や公共料金の支払いを口座振替で行っている場合、口座残高が不足していると自動的にカードローン口座から振り込み融資ができる自動融資機能があります。

残高が足りないときに活用できる便利なサービスですが、注意したいのは自動融資が行われないケースもあるということで、その1つがカードローンの返済です。

カードローンの返済をローンを組んで返済するという形になってしまうため、残高が不足していても自動融資されることがありません。

約定返済日当日の日中に発生する引き落としも、自動融資されないケースの1つです。

約定返済日当日はローンの返済日のことで、返済日の日中に行われる口座振替には注意しておく必要があります。

三井住友銀行カードローンのATMを便利に活用!

利用可能なATMやATMで借り入れをするときの操作方法、返済時の操作方法や自動融資機能のサービスについて紹介しました。

三井住友銀行カードローンが利用できるATMを知っておくことで、いざというときに借り入れや返済がスムーズに行えます。

ATMの使い方を把握しておくと、初めて利用する場合でも安心して借り入れや返済をすることができるでしょう。

また、三井住友銀行カードローンの申し込み時には、自動融資機能のサービスを利用するかどうか選択することが可能です。

申し込み時に利用しないことを選んでも、後から申し込むことができます。

クレジットカードの支払いや公共料金の引き落としを忘れがちな人は活用してみるのも一つの方法です。