三井住友銀行カードローンのカードを無くしたら?紛失の対処法を紹介

公開日:

カードローンの紹介

カードローンは用途を選ばないうえにカード1枚で利用できるのでとても便利ですが、カードを持っている以上、カードを紛失してしまう可能性があります。

しかし万が一カードを落としたりして紛失したりしても慌てずに落ち着いて対処することが重要です。

ここでは三井住友銀行カードローンのカードをなくしてしまった時の対処法について解説します。

カードを紛失したらまずすべきこと

三井住友銀行のカードローンのカードがいつもの場所に見当たらず、紛失してしまった恐れがある場合は、落ち着いて真っ先に以下の方法を試してみてください。

カードをよく探してみる

カードを持ち歩く際は財布に入れていることが多いです。

財布は後ろポケットか、バッグの中に入れているのではないでしょうか。

もしもバッグに財布を入れている場合は、財布から抜け落ちてバッグの中に落ちている可能性もあります。

まずは自分が財布をどこに入れていたかを思い出し、財布を入れていた周辺を捜索しましょう。

最後にカードを見てからそれまでの自分の行動を思い返す

それでも見つからないときはカードを最後に利用したときのことを思い出し、それまでの自分の行動を思い返してみましょう。

カードを使った後でいつもとは違う場所にしまっていて忘れている可能性もゼロではありません。

とにかくカードを入れそうな場所を隅々まで探してみましょう。

外で落としている可能性が少しでもあるならすぐに探すのを止める

家の中をくまなく探しても見当たらなかったり、少しでも外で落としていたりする可能性がある場合はその時点で捜索をすることは諦め、次の行動に移りましょう。

万が一外で落としていて他の人に拾われた場合、親切な人であれば交番に届けてくれますが、悪い人だと不正利用され、お金を引き出される恐れもあります。

紛失したことを三井住友銀行に連絡する

カードを外で落としている可能性が少しでもある場合、すぐにカードを使えないように手続きする必要があります。

カードを使えないようにすれば、たとえ外で誰かが拾って暗証番号を知っていたとしてもお金を引き出されることが無くなります。

カードの利用を停止するためには三井住友銀行に連絡して、利用停止の手続きをしてもらいます。

時間帯によって電話番号が異なるので注意が必要です。

もちろん利用停止の連絡をした後でカードが見つかったとしてもそのカードを利用することはできません。

三井住友銀行カードローンの再発行の方法は?

カードの利用停止の手続きをしたカードはカードとしての役割を失います。

たとえ見つかっても再び使えるようにすることはできないので、再発行の手続きをする必要があります。

カード再発行は以下の方法でおこなうことができます。

銀行の窓口で手続き

もしもカードを紛失したことに気づいたのが銀行の窓口が開いている時間帯であれば、直接銀行の窓口に行って再発行の手続きをすることが可能です。

窓口で手続きが可能な場合は申し出をしたときにすぐにカードを再発行してもらえる可能性もあります。

窓口で手続きをする際は本人確認ができるものと、届出印を忘れずに持っていくようにしましょう。

即時発行可能なお店を知っておこう

三井住友銀行の公式サイトにはカードローンのカードを紛失した場合、そのカードを即時発行してくれる支店の一覧が掲載されています。

自分の住んでいる場所の近くにそのお店が無いか、あらかじめ把握しておくことで万が一の際にもすぐに対応できるでしょう。

全てのカードが即時発光できるわけではありません

ただし、即時発行をしてもらえる店舗であっても、すべてのカードを即時発行できるわけではなく、カードの種類によっては即時発行できない場合もある点には注意しましょう。

その際は手続きだけでも済ませておけば当日にカードを受け取れなくても、後日自宅にカードが郵送されます。

電話連絡で再発行の手続きをする

電話で再発行の手続きをすることも可能です。

電話番号は利用停止の手続きをした事と同じなので、カードの利用停止をしたときに再発行の手続きもお願いすると良いでしょう。

電話で再発行の手続きを依頼すると、後日再発行をするのに必要な書類が郵送されるので必要事項を記載し、捺印をして返送してください。

記載後に銀行の窓口で提出することも可能です。

銀行の窓口に提出する際は本人確認の書類と届出印を持参しましょう。

海外で紛失したらどうすればいい?

カードを紛失する場所は国内だけとは限りません。

カードを海外に持参し、万が一紛失してしまった場合は以下の方法で慌てずに手続きをおこないましょう。

すぐに紛失・盗難受付デスクに連絡する

カードを海外で紛失した場合でⅯ御基本的に手続きの方法は国内の場合と変わりません。

落ち着いて電話連絡しましょう。

ただし、海外で紛失した際の連絡先は国内で紛失した場合の連絡先とは異なります。

海外ではフリーダイヤルが利用できないからです。

海外でカードを落としたり紛失した場合は紛失・盗難受付デスク(0120-919-456)に連絡をします。

時差に注意

海外から連絡する際、滞在先が遠方の場合は時差に注意しなければいけません。

連絡先に記載されている受付時間は日本時間なので、滞在先の時間とはズレが生じる場合があります。

クレジットカードよりも危険度は少ない

カードローンのカードを紛失してしまっても、危険度はクレジットカードに比べれば低いです。

カードローンのカードでお金を引き出す際には対応しているATMが必要ですが、三井住友銀行のカードローンのカードは海外に対応しているATMが存在しません。

ですから海外で他の人に拾われても日本に行かない限りは利用できないのです。

最寄りの警察や交番に届け出をする

とはいえ、何らかの形で悪用される可能性がないわけでもありません。

その際にすぐに対応してもらえるように電話連絡をすると同時に近くの警察または交番に連絡をすることも忘れないようにしてください。

悪用されてしまったときはどうなる?

三井住友銀行のカードローンのカードに関しては、万が一誰かに悪用されて不正にお金を引き出されたとしても、その損害は借主、つまりカードの所有者が責任を負うことになっています。

ただし、同時に例外も記載されていて、カードが盗難に遭ったことをすぐに連絡し、銀行からの調査に対してきちんと説明しているうえで警察にも被害届を出していて実際に盗難されたことが証明された場合に限り、盗難の際に利用されたお金の損害に関しては責任を問われないようになっています。

そして責任を問われないための条件の一つとして利用者に過失がないことも条件の一つとなっています。

利用者の過失というのは具体的には暗証番号が安易に発覚するものであった場合が該当します。

例えば暗証番号が生年月日に設定されていた場合は、利用者の過失とみなされる可能性が高いです。

暗証番号というのは他人に簡単に知られないことが絶対条件です。

誕生日などは比較的簡単に調べられるため、暗証番号として利用した場合は利用者に過失があると判断されます。

カードの紛失に備えてすべきこととは?

まず、万が一カードを無くしたときすぐに連絡できるように、連作先はあらかじめ携帯電話に登録しておきましょう。

そして悪用されないためには暗証番号を他人に簡単に知られないようなものにすることも重要です。

あまりに安易に知られやすい番号の場合は先ほど書いたように利用者に過失があるとみなされ、盗難されて悪用された場合でもその責任を負わなければいけないこともあります。

そして、常日頃からカードを紛失しないようにする心がけも大切です。

カードをどこにしまっているかを常に把握することによって、万が一紛失した場合にも探す場所が少なくて済みます。

そして、そもそもカードローンのカード自体毎日使うものではありません。

手間がかかるかもしれませんが持ち歩くのは利用するときだけにしておきましょう。

カードを紛失したら速やかに対処すること!

三井住友銀行のカードローンのカードは紛失しないように常日頃から管理をし、必要なとき以外は持ち出さないようにすることが紛失を防止する一番の方法です。

とはいえ、絶対に紛失をしないということはありません。

品質をした場合は速やかに対処することが重要です。

速やかに対処できるようにするためには、銀行に連絡がすぐにできるようにあらかじめ連絡先を携帯電話の電話帳に登録しておくと良いでしょう。

そして連絡をした時点で紛失をしたカードはその効力を失います、たとえ連絡後に発見できたとしても再利用することは出来ないので、連絡をした時点ですぐにカードを再発行する手続きをしておきましょう。

再発行の手続きは電話でも可能ですし、窓口が開いていればカードを即時発行してくれる場合もあります。