三井住友銀行カードローンの会員ページはあるの?ログインや利用方法は?

公開日:

最近のカードローンでは、さまざまなサービスをスマホなどから利用できる会員専用ページが設けられていることが多いです。

どうせならば便利な会員専用ページを活用したいところ。

残念ながら、三井住友銀行カードローンには会員専用ページが設けられていません。

しかし、代わりとして利用できるSMBCダイレクトが存在します。

SMBCダイレクトとは一体どのようなサービスなのか、活用するにはどうすれば良いかを見ていきましょう。

SMBCダイレクトの会員ページで利用できるサービス

SMBCダイレクトとは三井住友銀行が展開しているインターネットバンキングです。

銀行窓口やATMまで出向かなければできなかった手続きをインターネット上で済ますことができるため、営業日や営業時間を気にせずに利用することが可能です。

いつでもどこでも残高チェック

預金通帳に一体いくらのお金が残っているかわからなくなることはありませんか?頻繁に記帳をしている人ならば通帳を見れば解決できます。

しかし、キャッシュカードだけで預け入れと引き出しを済ませている場合は、最後の記帳日から日が経ってしまい、通帳を見ても参考にならないなんてことも。

SMBCダイレクトならば「Web通帳」が利用できるため、スマホやパソコンからいつでも残高照会をすることが可能です。

また、いつも持ち歩くスマホならば、外出先からでもリアルタイムで残高照会ができます。

お手軽なインターネット決済

ネットショッピングをしていると、支払い方法を銀行振込に限定しているショップで買い物をすることもあるでしょう。

わざわざATMなどに出向くのも面倒ですし、後ろで待っている人がたくさんいるとつい焦ってしまいますよね。

そんなときにもSMBCダイレクトは活躍します。

インターネット上で振り込みが可能なので、スマホから簡単に振り込みを済ませられます。

ATMで作業しなくても良いので、周りの目を気にせずに、好きなときに自分のペースで振り込みを完了させることが可能です。

ウェブ振込サービス

提携ショップでの買い物料金を自動的に振り込んでくれるウェブ振込サービスも利用可能です。

ウェブ振込サービスを利用すれば振り込みがさらに楽になるだけでなく、振り込み先の口座番号などを誤入力するリスクを減らすことができます。

家にいながら契約内容の見直し

引っ越しにより住所が変わったときには、窓口で変更の届出をしなければなりません。

しかし、SMBCダイレクトの会員ページからでも変更することが可能です

SMBCダイレクトから変更が可能なのは、連絡先に登録している住所と電話番号、1日あたりの振込限度額、ATMオートロックサービスの契約内容などです。

ログインするために必要な準備

三井住友銀行で口座を開設していない人は、口座開設の申し込みを行わなければなりません。

三井住友銀行の支店まで出向いて口座を開設することも可能ですが、ホームページ上でも申し込むことができます。

窓口で申し込む

窓口で口座開設を申し込む場合には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と印鑑の2つが必要です。

印鑑はインク浸透印やゴム印は利用できないので注意しましょう。

また、本人確認書類が顔写真付き以外の場合は、公共料金の領収書などが必要となります。

ホームページからの申し込む

三井住友銀行のホームページへとアクセスすると、「口座開設」というボタンがあるのでクリックします。

「口座開設はこちら」と書かれたボタンをクリックすれば、口座開設の申し込みページへと移行します。

申し込みに必要なもの

ホームページでの申し込みに必要なのは本人確認書類の画像、SMSが受信可能な携帯電話、三井住友銀行からのメールを受信するためのメールアドレスです。

本人確認書類は顔写真付きが条件で、運転免許証、パスポート、個人番号カード、在留カードのいずれかになります。

申し込み完了までの流れ

まずは注意事項が表示されるので、確認したことを表すチェックをクリックして次へと進みます。

次に、自宅から近い店舗を口座開設希望店舗として選択し、申し込むサービスを選択します。

その後、キャッシュカードのデザインと受け取り方法選んだら、個人情報の入力へと写ります。

名前や住所などの個人情報を申し込みフォームに入力し、本人確認書類の画像をアップロードします。

入力が完了すると、登録した電話番号にSMSが送られてくるので、メッセージの内容に従い確認作業を行えば申し込み完了となります。

キャッシュカードが送られてくるのは申し込みから1~2週間程度です。

キャッシュカードを受け取ったら早速SMBCダイレクトのログイン画面を開いて、口座番号などを入力してログインしてみましょう。

SMBCダイレクトにログインする方法

SMBCダイレクトには、パソコン、スマホ、またはアプリからログインすることができます。

全媒体共通のログイン方法

ログインする場合には、契約者番号と第一暗証の2項目の入力が必要になります。

また、契約者番号の代わりに店番号と口座番号を入力することでもログインが可能です。

契約者番号とはSMBCダイレクトのサービスごとに割り振られる10桁の数字で、SMBCダイレクトへログインすると、画面上部に表示されます。

したがって、初めてログインする際には、キャッシュカードに記載されている店番号と口座番号を入力してログインすることになります。

第一暗証とは?

第一暗証とはインターネットバンキング申込時に登録しておく4桁の数字で、キャッシュカードの暗証番号が初期設定の第一暗証として登録されています。

ログイン後は第一暗証を変更することができるため、セキュリティ強化をはかりたい人は暗証番号とは異なる数字に設定しておくと良いでしょう。

アプリなら簡単ログイン

一々10桁の契約者番号と第一暗証を入力するのは少し面倒です。

三井住友銀行のアプリからSMBCダイレクトを利用するならば、簡単にログインできるようになます。

2回目以降のログインは、アプリならば指紋認証や顔認証を利用できます。

これらの生体認証を利用することで、面倒な契約者番号等の入力を省くことが可能になります。

SMBCダイレクトでの借り入れ方法

カードローンを申し込み、無事に審査が通ると、SMBCダイレクトからでも借り入れができるようになります。

まずはSMBCダイレクトにログインし、「振込・振替」ボタンをクリックします。

振込先の口座番号などを入力すると、振込金額と出金口座を選択する画面へと移行するので、借り入れたい金額を入力し、出金口座は「カードローン(CL)」を選択します。

振込内容を確認し、問題がなければ振込実行ボタンをクリックで借り入れ完了です。

現金はコンビニへ

SMBCダイレクトでのカードローン利用は、あくまでもインターネット決済にしか使えません。

したがって、現金が至急必要な場合はコンビニATMなどを利用しましょう。

キャッシュカードで借りられる

三井住友銀行のカードローンは、審査が通ればキャッシュカードでカードローンを使うことが可能です。

しかし、キャッシュカードでのカードローンが使えるのは三井住友銀行のATMとコンビニのATMのみです。

それ以外のゆうちょATMや提携金融機関のATMではローン専用カードしか使えず、別途申し込みが必要となります。

SMBCダイレクトでの返済方法

カードローンの審査が通ると、SMBCダイレクト上に出金口座「カードローン(CL)」が登録されると同時に、返済用の預金口座も開設されます。

トップページ上に「CL(カードローン)口座」というボタンがあるので、それをクリックします。

そうすると、返済額を入力する画面に移るので、返済額とワンタイムパスワードを入力すれば返済完了となります。

三井住友銀行カードローンをスムーズに利用!返済方法まとめ

ワンタイムパスワードとは

ワンタイムパスワードとは、1分おきに更新される使い捨てのパスワードのことを言います。

ワンタイムパスワードは1回使用すると無効となるため、不正アクセスによって悪用されるリスクを軽減することができます。

ワンタイムパスワードは専用アプリ、またはパスワード生成機によって確認することができます。

アプリ版はインストールをしてから初期設定を行うことで、すぐに利用を開始することができます。

パスワード生成機はSMBCダイレクトで申し込みを行うと、三井住友銀行から送られてきます。

インターネット上で便利に手続きをしよう!

SMBCダイレクトを利用してカードローンの手続きを行うには口座開設が必須となるため、三井住友銀行で口座を持っていない人からすると不便に感じるかもしれません。

しかし、SMBCダイレクトではWeb通帳やインターネット決済などの便利な機能が備わっています。

また、カードローンの借り入れ・返済の手続きもスマホ1つで簡単に済ますことができるため、急にお金が必要になった場合や、期限ぎりぎりに返済しなければいけなくなったときでも、スムーズに対応することが可能です。

預金口座とカードローンを一緒に取扱うSMBCダイレクトならば、あなたのお金を一元管理することが可能です。

三井住友銀行のカードローンを利用しているのならば、便利なSMBCダイレクトを積極的に活用してみましょう。