金利や利用方法が丸わかり!三井住友銀行カードローンの手引き

公開日:

お金のピンチは突然やってきます。

そんなときのために準備しておきたいのがカードローン契約です。

銀行系カードローンならば、全国にある系列銀行から利用できるだけでなく、コンビニエンスストアのATMから借り入れができます。

いつでもどこでも使えるので、突然お金が必要になっても即対応可能です。

以下では三井住友銀行カードローンを利用してみようと考えている人のために、金利や契約極度額、借り入れや返済方法といった情報を解説しています。

実際に契約申し込みをする前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

目次

三井住友銀行カードローンの金利額

三井住友銀行カードローンの金利は、年率4.0%から14.5%です。

カードローンの金利は返済能力や契約極度額によって決まり、返済への信用が高いほど低い金利が設定されます。

三井住友銀行カードローンでは、あらかじめ契約極度額によって金利の幅が決まっています。

契約極度額ごとの金利

100万円以下  12.0%~14.5%
100万円超から200万円以下 10.0%~12.0%
200万円超から300万円以下 8.0%~10.0%
300万円超から400万円以下  7.0%~8.0%
400万円超から500万円以下  6.0%~7.0%
500万円超から600万円以下 5.0%~6.0%
600万円超から700万円以下 4.5%~5.0%
700万円超から800万円以下 4.0%~4.5%

返済能力と契約極度額が金利に影響を与える

契約申し込み者の審査を行う際には、信用情報や他社借り入れ額、年収、勤続年数などを元にして、返済能力を判断します。

返済能力が高い申し込み者ほど、契約極度額が高く、貸付金利が低くなります。

これは貸付金が未回収となるリスクが低いからです。

逆に返済能力をあまり持っていないと判断されると、契約極度額は低く、金利は高くなります。

他行や消費者金融との金利の違い

三井住友銀行カードローンの金利は、他社に比べて高いのでしょうか。

大手カードローン会社の貸付金利の年率は以下のようになっています。

大手カードローン会社の金利

三菱UFJ銀行カードローン  1.8%から14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%から14.0%
アコム  3.0%から18%
アイフル 3.0%から18%
プロミス 4.5%から17.8%
モビット 3.0%から18.0%

三井住友銀行カードローンの金利は低い

三井住友銀行カードローンの金利は、4.0%から14.5%なので、他社に比べて、金利が高く見えてしまうかもしれません。

ですが、貸付金額があまり多くない、一般的なカードローンの利用では最低金利ではなく上限金利が適用されます。

カードローン会社を比較する場合には、最低金利ではなく上限金利がどの程度であるかのチェックが大切です。

三井住友銀行カードローンの上限金利は14.5%なので、他の会社と比較して低い金利で融資をしているといえます。

契約極度額はいくら?

三井住友銀行カードローンの契約極度額は10万円から800万円です。

契約極度額は、10万円単位で決定できます。

契約極度額の決定方法

契約極度額は最高で800万円とはいえ、すべての人が800万円まで借りられるわけではありません。

これは返済能力や信用条件が整っている申し込み者の方には、最大で800万円の貸付が可能であるということです。

三井住友銀行カードローンでは、申し込み者の収入や勤続年数、他社からの借り入れや信用情報といった条件を勘案し、契約極度額の上限を決定します。

そのため希望している契約極度額が認められるとは限りません。

契約極度額が増えることもある

三井住友銀行カードローンを使い続け、返済能力に信用がおける契約者であると認められた場合、契約極度額を増やすことも可能です。

三井住友銀行カードローンでは、ローン契約機や電話から、最大800万円まで契約極度額を増加申請できます。

ただし、契約極度額の増額には新たな審査が必要です。

三井住友銀行カードローンのメリット

三井住友銀行カードローンはメガバンクが運営している安心だけでなく、次のようなメリットがあります。

金利が低めで使いやすい

銀行系カードローンである三井住友銀行カードローンは、消費者金融のカードローンに比べて金利が低く設定されています。

多くのカードローン会社では上限金利が18.0%となっていますが、三井住友銀行カードローンでは14.5%です。

手数料が無料で使えるATMが多い

三井住友銀行は全国にたくさんの支店や自社ATMを設置しているので、どこにいても借り入れや返済がしやすいです。

便利なだけでなく、三井住友銀行ATMからの利用なら手数料もかかりません。

また、次の提携ATMも手数料が無料です。

  • E-netATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行ATM

Webだけで申し込みから借り入れまでできる

三井住友銀行カードローンの契約申し込みは、Web環境があれば完結します。

公式サイトにパソコンやスマートフォンからアクセスし、必要事項を記入して申し込むだけです。

本人確認書類なども公式サイトから送れるので、誰にも出会わずに契約できます。

なお、三井住友銀行の普通預金口座がなくとも契約ができます。

キャッシュカードで借り入れができる

カードローンを利用するには専用カードが必要です。

しかし、三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行のキャッシュカードと普通預金口座を持っていれば、キャッシュカードを使って借り入れができます。

普通のキャッシュカードを利用してお金を借りられるので、借金を知られ難いです。

三井住友銀行カードローンのデメリット

専業主婦は借り入れできない

三井住友銀行カードローンは、自身に安定した収入があることを申し込み条件としています。

そのため、専業主婦は借り入れできません。

他行への振込キャッシングができない

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座以外に振込みキャッシングができません。

振込みキャッシングとは、指定口座に融資資金を振込みで行うサービスです。

振込キャッシングを利用するには、インターネットバンキングである「SMBCダイレクト」に契約しておかなければなりません。

口座がないと利用できるサービスが限定される

三井住友銀行の口座をもっていないと、次のサービスが利用できません。

  • インターネットバンキングによる振込キャッシング
  • Web上からカードローン利用状況の確認
  • 口座振替による返済

三井住友銀行カードローンの利用に向いている人

三井住友銀行カードローンの利用には多くのメリットがあります。

ですが、提供しているサービスに合致していない人が利用したのでは、メリットを感じられないかもしれません。

では、三井住友銀行カードローンはどのような人に向いているのでしょうか。

高額融資を受けたい人

三井住友銀行カードローンは、安心のできる大手銀行系からお金を借り入れたいと考えている人に向いています。

特にたくさんお金の借り入れをしたい人に最適です。

三井住友銀行カードローンは契約極度額が800万円と高く、それでいて金利は低く抑えられているからです。

また、三井住友銀行カードローンから借り入れを行うことで、三井住友銀行の利用実績を積めます。

メインバンクとして三井住友銀行を利用している人は、他社から借り入れをするよりもメリットが大きいといえるでしょう。

ATMでの利用がメインの人

三井住友銀行カードローンは、自社の支店銀行やATMの他に、日本全国のコンビニエンスストアにあるATMが無料で利用できます。

普段、ATMから借り入れや返済を行っている人は、三井住友銀行カードローンが向いています。

三井住友銀行の口座を持っている人

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の普通預金口座を持っていることで、便利なサービスが利用できます。

そのため、三井住友銀行口座を持っている人に向いているカードローンです。

もちろん、口座を持っていない人でもカードローンは利用できます。

しかし、より便利に使うためには、口座を持っている方がよいでしょう。

三井住友銀行カードローンの利用に向いていない人

三井住友銀行カードローンのサービスは、以下のような方には向いていません。

即日融資が必要な人

申し込み日にすぐにお金が必要な人は、三井住友銀行カードローンはおすすめできません。

銀行系カードローンは、審査にあたって警視庁が保有するデータベースにアクセスし、反社会的団体に属しているかを調べなければなりません。

照会結果が送られてくるのが短くとも照会日翌日になるため、銀行系カードローンは即日融資ができません。

審査回答にも時間がかかってしまいます。

安定した収入のない方

三井住友銀行カードローンと契約をするためには、自身に安定した定期収入があることが求められます。

そのため、専業主婦や、不安定な収入の自営業者、不定期のアルバイトやパートで収入を得ている人には向いていません。

低金利にこだわる人

銀行系カードローンである三井住友銀行カードローンは、他社が提供するサービスと比べて低い金利で融資を受けられます。

しかし、どこよりも金利が低いというわけではありません。

とにかく低い金利で利用したいと考える人には向いていません。

申し込みの方法は?

三井住友銀行カードローンの申し込みは、パソコンやスマートフォン、ローン契約機、電話による申し込みの3つの方法があります。

パソコンやスマートフォンからの申し込み

三井住友銀行カードローンは、公式サイトで申し込みから契約までを完結できます。

公式サイトから申し込みをする際には、事前に会員登録を済ませておかなければなりません。

パソコンやスマートフォンからの申し込みは、次のような流れで行います。

  • 公式サイトから必要事項を入力し送信
  • 本人確認書類の提出
  • 審査結果が電話もしくはメールで届く
  • ローン専用カードの受取り
本人確認書類も公式サイトから

本人確認書類の提出は公式サイトから送信できます。

デジタルカメラやスマートフォンで撮影したデータを公式サイトから送信することで、本人確認書類の提出が可能です。

本人確認書類はローン契約機からも提出できます。

三井住友銀行の口座があるなら

三井住友銀行の口座を持っている方は、審査に通過し契約を済ませたならキャッシュカードを利用してカードローンが利用できます。

ローン専用カードが必要な方は、ローン契約機で発行もしくは郵送で受け取れます。

ローン契約機からの申し込み

  • ローン契約機のタッチパネルで本人情報を入力
  • 本人確認書類をローン契約機に付属のスキャナで読み取り送信
  • 申し込み書に必要事項を記入し付属スキャナで読み取り送信
  • オペレーターから契約についての説明
  • ローン専用カードの受取り
  • 電話もしくはメールで審査結果の連絡
ローン専用カードの受取り時期

銀行系カードローンは、正式な審査結果の連絡が最短でも契約申し込み日翌日です。

そのため、ローン契約機から申し込みをした場合、本人確認書類の提出後にローン専用カードが発行されます。

カードは審査通過後から利用できます。

なお、身近なローン契約機は公式サイトから見つけられます。

三井住友銀行に併設されたものだけでなく、プロミスの自動契約機から申し込むことも可能です。

電話による申し込み

  • 申し込みに必要な項目をオペレーターが確認
  • 本人確認書類の提出
  • 電話もしくはメールで審査結果の連絡
  • ローン専用カードの受取り

SMBCダイレクトに加入すると便利

三井住友銀行カードローンに申し込みをするなら、SMBCダイレクトへの加入も済ませておくとよいでしょう。

SMBCダイレクトは、三井住友銀行が提供するインターネットバンキングのサービスです。

普通預金口座があればすぐに使え、次のような付加サービスがあります。

  • 公式サイトから残高照会や振込みができる
  • 振込み手数料が無料
  • ログインでポイントがたまる
  • ポイントは景品などと交換可能
  • 記帳しなくとも2年分の取引履歴が残る

申し込みに必要な書類

審査申し込みに必要な本人確認書類には、顔写真付きで現在の住所がわかる書類が使えます。

「運転免許証」「パスポート」「写真付きマイナンバーカード」などです。

各種保険証には住所がわかる書類が必要

各種保険証を本人確認書類に使う場合や、提出した本人確認書類の住所が現在のものと異なる場合には、現在の住所を証明する書類を合わせて提出しなければなりません。

現在の住所が分かる書類には「住民票の写し」「公共料金の領収書」「納税証明書」のなどがあります。

いずれを提出するにしても、発行より6カ月以内のものでなければなりません。

収入証明書と認められる書類

希望限度額が多い場合などには、収入証明書の提出が求められることがあります。

「源泉徴収票」「給与明細書」などが収入を証明する書類として認められています。

また、個人事業主であるならば「確定申告書」「納税証明書」「課税証明書(所得証明書)」といった書類で収入を証明することが可能です。

いずれの書類も最新のものを提出する必要が有ります。

なお、源泉徴収票を紛失している場合には、勤務先で再発行できます。

在籍確認の電話はある?

カードローン会社は本人情報に間違いないかを確かめるために、申し込み者の自宅や職場に在籍確認を行います。

在籍確認は電話で行われることがほとんどです。

三井住友銀行カードローンでも在籍確認が行われています。

在籍確認の連絡はプライバシーに配慮して行われ、オペレーターが個人名もしくは銀行名で電話します。

在籍確認のための電話であることは伝えないので、職場や家族にカードローン会社からの電話であると知られることは、まずありません。

在籍確認が行われるのは審査の最終段階

在籍確認は仮審査を済ませ、本人確認書類を受け取った後に行われます。

ですが、土日祝日に本人確認書類を受け取った場合には、在籍確認は翌営業日以降に持ち越されます。

また、会社の代表番号に在籍確認の電話がかかってくると、電話口に出た人が、契約申し込みをした人のことを知らないかもしれません。

確実に在籍確認を済ませるためにも、代表番号だけでなく、部署の電話番号を知らせておくようにしましょう。

借り入れ可能になるのはいつ?

三井住友銀行カードローンをはじめ、銀行系カードローンは即日融資ができません。

一部の銀行では即日審査を強みとしてアピールしています。

しかし、それは仮審査の結論がでるのが早いというだけで、本審査の結果を申し込み日に出すことはできません。

2018年1月から即日融資はできなくなった

銀行系カードローンは、低金利な上に銀行が母体であるという安心感から、契約希望者が多く、融資が過剰になっていることが問題となっていました。

そのため、カードローンの審査は厳格に行われ、審査結果がでるまでの時間は、従来までに比べて長くなっています。

くわえて、暴力団のような反社会勢力への融資を防止するため、2018年1月から銀行系カードローンは、審査に警視庁データベースを利用するようになり、三井住友銀行カードローンに限らず銀行系カードローンは審査に時間がかかるようになりました。

暴力団排除のために警視庁データベースを利用しているのはカードローンだけではありません。

フリーローンや自動車ローンなどの個人向けローンも即日融資はできなくなりました。

三井住友銀行カードローンの借り入れ方法

三井住友銀行カードローンでお金を借り入れるには、以下の3つの方法があります。

SMBCダイレクトで振込みキャッシング

インターネットを使って、ネットバンキングからの振込みキャッシングをするにはSMBCダイレクトへの加入と三井住友銀行の口座が必要です。

なお、振込みキャッシングは三井住友銀行の口座にしかできず、他社銀行の口座には振り込めません。

提携ATMから借り入れできる

三井住友銀行ATMや提携ATMから借り入れを行えます。

キャッシュカードもしくはローン専用カードをATMに投入し、借り入れ金額を指定します。

ただし、提携ATMによっては手数料が発生するので注意が必要です。

自動融資による借り入れ

三井住友銀行カードローンは自動融資に対応しています。

自動融資に申し込んでおけば、公共料金の支払いやクレジットカードの決済などの口座振替の際に、お金が足りなくても安心です。

自動融資なら、口座にお金が不足していても、不足分を自動的に借り入れできるからです。

三井住友銀行カードローンの返済方法

通帳見て悩む人

三井住友銀行カードローンの返済方法は、次の3つから選択できます。

三井住友銀行カードローンが利用できない!残高不足の理由と対処法

ATMから返済

ATMを使いカードローン返済用の口座にお金を入金することで、借り入れ金の返済ができます。

三井住友銀行ATMや特定の提携ATMなら、利用手数料はかかりません。

口座振替による返済

毎月確実に返済するなら口座振替が便利です。

毎月決まった約定日に、返済金が口座から自動的に引き落とされます。

ATMに出向く手間が省けるだけでなく、返済日を忘れてしまうリスクを避けられます。

SMBCダイレクトを使って振込み

SMBCダイレクトを使って、カードローン口座にお金を振り込んで返済できます。

ただし、銀行振込の際の振込手数料は、自分で負担しなければなりません。

繰上げ返済や一括返済

毎月決められた返済をしているだけでは、元本がなかなか減らず、返済が長引いてしまいます。

効率よく返済するには、臨時収入があったときなどに、繰上げ返済をするとよいでしょう。

繰上げ返済によって、約定返済額以上のお金を返済することで、元本を効率よく減らし、返済完了までが近くなります。

さらにまとまったお金がある場合は、一括返済をすることで、大幅に利息の負担を減らせます。

返済日はいつ?

三井住友銀行カードローンの毎月の返済日は、契約時に「5日」「15日」「25日」「末日」の4つから選択できます。

選ぶ際には給料日より少し後の返済日を選択するとよいでしょう。

給料日後にしておくことで、手元にお金がある間に返済できるからです。

なお、約定日が土日祝日にあたる場合には、土日祝日開けの平日が返済日です。

返済が遅れると損害金が発生

約定日に返済が行われなければ、遅延損害金が発生します。

遅延損害金の利率は19.94%です。

従来の金利よりも利率が高くなるので、無駄な利息の支払いの負担を避けるためにも、必ず約定日までに支払うようにしましょう。

支払いが遅れた状態が3カ月以上続くと、信用情報に傷が付いてしまうので、滞納には注意が必要です。

毎月の返済額って?

三井住友銀行カードローンの約定返済額

借入額 約定返済額
1円から1,999円 2000円
2,000円から100,000円 2,000円
100,001円から200,000円 4,000円
200,001円から300,000円 6,000円
300,001円から400,000円 8,000円
400,001円から500,000円  10,000円
500,001円から600,000円 11,000円
600,001円から700,000円 12,000円
700,001円から800,000円 13,000円
800,001円から900,000円 14,000円
900,001円から1,000,000円 15,000円

毎月の約定返済額は、借り入れ残高によって決定されます。

三井住友銀行カードローンは残高スライド方式を採用しています。

そのため、借り入れ残高が大きいほど毎月の返済額も大きくなります。

毎月の返済最低額は2,000円です。

仮に60万円の借り入れをした場合には、約上返済額は11,000円です。

ATM利用にかかる手数料は?

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行のATMや提携ATMなどをいつでも手軽に利用できます。

手数料無料のATM

  • 三井住友銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • E-netのATM
  • ローソンのATM

以上のATMは利用手数料無料で、回数制限なく利用できます。

ただしゆうちょ銀行ATMはローン専用カードを使って利用する場合のみ手数料が無料です。

上記のほかにも提携ATMはありますが、それらの利用には手数料が発生します。

硬貨が使えるATM

カードローンを全額返済するには、端数まで入金しなければなりません。

しかし、コンビニにあるATMやゆうちょ銀行ATMでは硬貨が使えないため、端数が余ってしまいます。

端数まで支払いを終わらせるためには硬貨が使えるATMを利用するとよいでしょう。

三井住友銀行の有人店舗に設置されているATMは、硬貨が利用できるものが多いです。

金利を安くする賢い利用方法

カードローンを上手に利用するためには、きちんとした返済計画を立てることが大切です。

返済計画に最も大切なのは、借り入れが本当に必要なのかを判断することです。

毎月の収入とのバランスを考え、借り過ぎないように注意をしましょう。

約定返済額での返済では元金が減らない

約定返済額はあくまで最低限の支払金額にすぎず、借金はなかなか減りません。

借金の返済はまず利息から充当されるため、約上返済額ではあまり元本の返済ができないからです。

効率よく返済を終わらせるには繰上げ返済を行い、積極的に借り入れ金の元本を減らすことが大切です。

手元にお金がある限り、1円でも多く約定返済額よりも多く返済するようにしましょう。

限度額を上げて利息を減らす

カードローンは限度額が増えるほどに金利が低くなります。

そのため、限度額を高くすることで、効率よくカードローンを使えます。

限度額を上げるためには、カードローンの長期的で継続的な利用、確実な返済、契約者の定期収入が増加していることが必要です。

低金利の三井住友銀行カードローンを利用しよう!

銀行系カードローンである三井住友銀行カードローンは、金利の低さで多くの人に利用されています。

消費者金融のカードローンのほとんどは、上限金利が18.0%に設定されています。

対して三井住友銀行カードローンでは14.5%です。

それだけでなく、契約極度額は800万円までと非常に高額に設定されています。

そのため、たくさんのお金を借り入れたいと考えている人に向いているカードローンです。

また、全国にある三井住友銀行ATMや提携ATMが使え、三井住友銀行の口座があればSMBCダイレクトなどのサービスも使えるので、とても利便性が高いです。

返済方法や返済日も複数から選択できるので、自分にぴったりと合うカードローンの使い方が見つけられます。

三井住友銀行カードローンは活用する価値が大いにあるといえるでしょう。