三井住友銀行カードローンが利用できない!残高不足の理由と対処法

公開日:


近年、その金利の安さから脚光を浴びている三井住友銀行のカードローンサービス。

大手メガバンクが提供しているという知名度も相まって、日本中で大きな注目を浴びています。

そんな三井住友銀行カードローンを利用した際に、もしも残高不足が生じてしまった場合には取るべき最適な対策はあるのでしょうか

今回の記事では、三井住友銀行カードローンの詳細と残高不足に陥ってしまった際の対策方法にスポットを当て詳しく紹介していきます。

そもそも三井住友銀行カードローンの残高って何?

三井住友銀行カードローンとは?

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行が提供しているカードローンです。

使いやすさや金利の低さなど様々なメリットがあり、数あるカードローン会社の中でも非常に高い人気を誇っています。

また大手銀行が提供しているカードローンのため、審査に通りやすいというのも魅力の1つです。

三井住友銀行カードローンとの主なサービスとは?

三井住友銀行カードローンには、利用者にとって非常に便利なサービスがいくつも付いています。

また三井住友銀行の口座を作ることによって、さらに使いやすくなるというのも大きなポイントです。

口座振替による返済が可能

三井住友銀行カードローンのサービスの中でも特筆すべきは、やはり口座振替による自動引き落としが可能であるということでしょう。

カードローンの借入金を自身の口座引き落としで返済できるため、余計な手間がかかりません。

ただし、三井住友銀行の口座を持っていることが絶対条件です。

なお三井住友銀行のキャッシュカードを作る際に兼用型にしておけば、返済方法は自動的に口座振替へと設定されます。

それゆえ口座振替を利用する際には、三井住友銀行の支払い口座にカードローン返済のための預金残高を入れておかなければなりません。

ダイレクトバンキングからの借入が可能

ダイレクトバンキングからの借り入れとは、イコール銀行振込での借り入れのこと。

振込を依頼することによって三井住友銀行の普通口座に入金されるため、ATMで手軽に引き出すことができます。

銀行振込での借り入れは金利も低くなるため、とてもお得なサービスです。

自動融資サービスを利用できる

三井住友銀行カードローンでは、自動融資サービスを行っています。

バックアップとも呼ばれるこのサービスは、残高不足になった場合に有効なサービスです。

三井住友銀行のカードローン口座と普通預金口座を繋ぎ合わせることによって、普通預金口座の残高が不足に陥った時にカードローン口座から自動的に融資されます。

ただし普通預金口座からカードローン口座への、バックアップはありません。

そのためカードローン口座の残高不足には、十分な注意が必要です。

三井住友銀行カードローンの残高不足ってどういう状況?

残高不足とは?

カードローンにおける残高不足とは、支払い口座の預金残高が足りないため返済ができないこと。

支払い口座の預金残高が返済額を満たしていないと当然のごとく自動振込は不可能なため、このような状況に陥ってしまいます。

決められた引き落とし日に残高不足による未払いが発生してしまうと延滞扱いになってしまうため、十分に注意しておかなければなりません。

残高不足には要注意

三井住友銀行カードローンにおいても、自身の支払い口座が残高不足の場合にはもちろん振り込みはできません。

そしてカードローンの未払いは、今後に大きな悪影響を与えます。

それゆえに無理のないカードローンの利用、また支払い口座の残高の確認を常に念頭に置いておくことがとても重要です。

カードローンが残高不足になる理由

残高不足の主な理由は?

三井住友銀行カードローンにおいて残高不足に陥ってしまう理由は、いくつもあります。

しかしながら、注意しておくだけで解消できる理由がほとんど。

それゆえ残高不足にならないように、常日頃から十分に意識しておくことが重要です。

お金に余裕がない

残高不足に陥ってしまう人の中でも特に多いのは、お金に余裕がなく支払い日までに用意ができなかったというケースです。

カードローンにおいて、一般的なのは分割払い。

様々な理由によって、支払い日までにお金が間に合わなくなってしまったという人は数多くいます。

しかし計画的にローンを活用していれば、このようなリスクに陥ることもありません。

また三井住友銀行カードローンでは、分割の支払い回数を変更することも可能です。

ただし支払い回数が多くなるほどに金利や手数料も増えてしまいますので、変更が本当に必要なのか十分に検討するのが望ましいでしょう。

預金残高の確認不足

預金残高の確認不足が理由で未払いになってしまったというケースも、決して少なくはありません。

近年は三井住友銀行のアプリでも預金残高は手軽に確認できますので、普通預金口座だけでなくカードローンの口座も定期的に確認しておくのが良いでしょう。

支払い日を忘れていた

支払日を忘れてしまったり、日にちを間違って覚えていたりというケースも多々見られます。

特に、多忙を極める人によく見られがちなこのケース。

支払い日をスケジュール管理の一環に加えることによって、簡単に解決できるでしょう。

残高不足になると起こる影響

スマートフォンを見ながら悩む男性

残高不足が及ぼす影響とは?

三井住友銀行カードローンにおいて支払い口座が残高不足であると、自動引き落としされずに未払いが生じてしまいます。

そして未払いが生じてしまうと今後に悪影響を与えてしまうため、十分な注意が必要です。

延滞扱いになってしまう

支払い口座の残高不足であるとその月の支払いが未払いになってしまうため、ローン会社からは延滞として扱われてしまいます。

延滞扱いされてしまうと、延滞した日数に基づく金利が発生。

そして延滞が長引くほどに、余計な出費が増えてしまいます。

遅延損害金の発生

三井住友銀行カードローンでは延滞扱いになってしまうと、遅延損害金が発生。

遅延損害金は支払いが1日だけ遅れたとしても、例外なく必ず発生してしまいます。

それゆえに、支払期日はしっかりと守ることが賢明でしょう。

信用情報に傷がついてしまう

信用情報に傷がついてしまうことは、未払いのペナルティの中でも特に危険度が高いでしょう。

なぜならば信用情報に傷がつくということは、金融機関からの信頼を無くすということに直結してしまうからです。

信頼を無くし続けると相談などもできなくなってしまうため、今後にも大きく影響してしまいます。

残高不足を放置するとどうなる?

三井住友銀行カードローンにおいて指定日に引き落としができなかった場合、三井住友銀行から再度引き落とし日が設定されます。

そしてその案内は書面にて郵送されてくるため、見落とさないよう注意しなければなりません。

またその案内を放置してしまうと、三井住友銀行から直接支払い催促の電話がかかってきます。

さらにこの電話まで無視してしまうと強制解約や更新拒否などへと発展してしまう可能性が非常に大きいでしょう。

なお一度でも強制解約をされてしまうと、三井住友銀行カードローンの審査には通りづらくなってしまいます。

また金融機関の信用情報にブラックリストとして載せられてしまう可能性も否めません。

このようなリスクを避けるためにも、引き落としができなかった場合には速やかに対応することが重要です。

延滞で起こる最悪のケースとは

三井住友銀行カードローンの延滞において生じてしまう最悪のケースは、訴訟にまで発展してしまうことです。

訴訟になってしまうと裁判所から支払催促状が届き、場合によっては裁判所まで出向しなければならない義務が課せられます。

またここまでの状況に陥ってしまうと、必然的にブラックリストとして金融機関の信用情報にも載ってしまうでしょう。

ブラックリストとして信用情報に登録されてしまうと三井住友銀行カードローンの強制解約だけに留まらず、今後は他社のカードローンや住宅ローンなどの審査にも通るのが難しくなってしまいます。

そしてこのブラック情報は、最低でも5年間は消えることがありません。

そのためブラックリストに載ってしまうことだけは、何としてでも避けるべきです。

残高不足になってしまったときの対処法

様々なリスクを避けるためにも、残高不足になってしまった場合にはまずは速やかに行動しなければいけません。

再引き落とし日を確認し、必ず返済額を支払い口座に預け入れておくこと。

物事を先延ばしにしてしまう傾向にある人は、特に早めに行動することが大切でしょう。

また何らかの理由でやむを得ず支払いができない場合には、三井住友銀行に直接電話をし相談してみるという選択肢もあります。

三井住友銀行には返済の相談をするための問い合わせ窓口があるので、支払いの意思があることや自分が置かれている現状などを前提に今後の返済に関して相談することが可能です。

ただし再引き落とし日を延長するとそれに乗じてさらに遅延損害金や利息が発生してしまう可能性もあるため、出来る限りは再引き落とし日までに支払いを完了させておくのが賢明でしょう。

前もって返済できないとわかっている場合の対処法

三井住友銀行カードローンの支払い期日までに返済額を支払うことができないとわかっている場合には、例え面倒であったとしても放置せずに事前に連絡することが重要です。

三井住友銀行にはカードローンに関する問い合わせ窓口があり、返済に関する様々な相談に乗ってくれます。

特に多少遅れはするけれども返済できるのであれば、返済期日をこちらから指定することもできるでしょう。

諸事情により支払いの見込みが望めない場合であっても、支払い回数を増やすことによって1回の返済額を抑えるなど対応策はあります。

それゆえにまずは、問い合わせ窓口に相談することから始めなければなりません。

面倒であるからと言って放置してしまえば、今後の信用情報にも大きく悪影響を及ぼしてしまいます。

また事前に相談することによって銀行側にも返済の意思があることを伝えられるため、何度も支払い催促の電話がかかってくるという事態を避けることにも繋がります。

大手メガバンクが運営しているカードローンでもあるため、支払いの意志さえあれば前向きに相談に乗ってくれる可能性が高いでしょう。

残高不足を事前に回避するためには?

残高不足を回避する対策とは?

三井住友銀行のカードローンにおいて未払いを避けるためにも、事前に残高不足を回避できるような対策を立てておくことが必要となります。

そしてこの対策とは非常に単純なものであり、誰でも簡単に実践することが可能です。

支払い日をメモしておく

カードローンの支払い日をスケジュール帳などにメモしておくことは、非常に有効な対策方法です。

ただし簡単そうに見えますが、飽きやすい性格の人には意外と難しいかもしれません。

手帳にスケジュールを記入する習慣がない人は、スマートフォンを活用してみるのも一つの手です。

最近のスマートフォンはスケジュール帳も機能が満載であり、手帳アプリなども充実しています。

身近にあるスマートフォンだからこそ、常に支払日を意識しておくこともできるでしょう。

またこれを機に、家計簿を付けてみることもお勧めです。

カードローンの支払いと月々の出費を見比べることによって、より計画的な返済プランを立てることができるかもしれません。

お知らせメール機能を活用する

三井住友銀行は、引き落とし日を事前に電子メールにて知らせてくれるサービスを行っています。

このお知らせメール機能を設定しておけば、例え支払い日を忘れてしまったとしても困ることはありません。

それゆえ、安心して三井住友銀行カードローンを利用することができるでしょう。

計画的に借り入れを行う

カードローンの返済が難しくなってしまう人は特に、将来を見据えずに借り入れを行ってしまう傾向にあります。

そしてこのような人たちは現実が見えていないため、一時的な金銭の余裕ばかりに目がいってしまいがちです。

しかしカードローンは計画的に利用しないと、身を滅ぼしかねないサービスでもあります。

これぐらいの金額なら返済できるであろうと高を括ってしまったものの、いざ支払い日が近づいても支払い口座には預金残高がほとんどないという状態。

残高不足に陥ってしまう多くの人は、このような性格を持ち合わせていることが大きな特徴とも言えるでしょう。

ローンを組む際には、謙虚かつ計画的に。

これだけは、常に意識しておかなければなりません。

残高不足にならないように注意すべき!

このように三井住友銀行カードローンにおいて残高不足に陥ってしまった場合には、最終的には身を滅ぼしかねない様々なリスクを抱えてしまいます。

それゆえに借り入れを行う際には計画的に、そして支払いはスムーズに行えるように常日頃から意識しておかなければなりません。

しかしながら三井住友銀行カードローンは上手く使いこなすことさえできれば、魅力的なメリットも数多く発生します。

そして上手く使いこなすコツは、非常に簡単なことでもあるのです。

決められたことを守ること、そして無理をしないこと。

至ってシンプルなコツを常日頃から実践しておけば、三井住友銀行カードローンは生活を支えてくれる上でも大いに役立ってくれるでしょう。