延滞中でも大丈夫!即日融資でも借りられるキャッシングはどこ?

公開日:


急にお金が必要になってしまったときに、即日融資をしてくれるキャッシングやカードローンはとても便利なサービスです。しかし、すでに何社からか借入をしているときや、返済が延滞中のときは、即日融資をしてくれるか心配です。

大手の金融業者では、返済が延滞中なら融資の審査は通りません。しかし、中小の消費者金融であれば、延滞中や信用情報に傷がついていても、即日融資が受けられる可能性があります。

以下では中小の消費者金融は、なぜ延滞中でも即日融資ができるのかを説明し、おすすめの会社を紹介します。

目次

借入を延滞するとブラックになる

クレジットカードを利用してカードローンやキャッシングの融資申込を繰り返していると、信用情報に傷がつく状態になることがあります。

では、信用情報に傷がつくとはどのような状態を指しているのでしょうか。

信用情報に傷がつくとは

信用情報とは、金融業者が融資可能な顧客かを審査をするために使う、ローンやキャッシング契約に関する情報です。

契約した会社や、支払状況、残高などの情報が記録されており、クレジット会社などが加盟する団体によって管理されています。信用情報の中で、金融業者がもっとも重視するのが事故情報です。

信用情報に傷が付くとは、事故情報が記録されている状態を指します。一般的に、事故情報が記録されていると、クレジット会社などの新規申込の審査が通らなくなります。いわゆる、ブラックリストに記録されている状態です。

事故情報とは

事故情報では「延滞情報」「債務整理の記録」「強制解約」「代位弁済による支払」の4つが重視されます。

その中でも「延滞情報」は、最も記録を残しやすい事故情報です。「延滞情報」はキャッシングの支払が遅れている場合だけでなく、ローンなどの月々の支払を滞った場合にも記録されます。

「延滞情報」は2カ月から3カ月支払が遅れた場合に記録され、延滞解消から1年から5年の間、事故情報の記録が残り続けます。

融資申込を繰り返すことでブラックになることもある

融資申込をしすぎるとブラックリストに情報が乗った状態になります。信用情報を登録している団体では、融資申込の情報を保持します。

期間は6カ月です。その間に複数の金融業者に借入申込をすると「申込ブラック」と呼ばれる信用情報に傷が付いた状態になります。

借入申込を6カ月以内に4社以上した場合や、複数の借入が重なっている状態は、返済が難しい状態として記録されます。

他社で延滞していてもお金は借りられる?

ブラックでは大手の審査に落ちる

金融業者は、申込や返済などの結果を、信用情報を管理する団体に報告し、その情報を共有します。

大手の金融業者に融資の新規申込をした際には、これらの情報を元にして、お金を貸してよいかどうかを審査します。大手の金融業者は融資申込者の返済可能性を、信用情報を元にして判断するため、信用情報に傷がある状態では新規申込審査を通過することは、ほぼ期待できません。

延滞中など、信用情報に傷が付いた状態では、大手からお金を借りることはできないと考えてよいでしょう。

このような場合には、中小の消費者金融に融資申込をしてみるとよいでしょう。中小の消費者金融なら一定の要件を満たしていれば、融資を受けられるかもしれません。

延滞中でも即日融資はできる

大手の審査に落ちた人でも融資を受けられる

消費者金融は、大手以外にもさまざま存在しています。中小の消費者金融は、その多くがあまり高い知名度を持っていないのが現状です。

そのためお金を借りる先として名前が上がりにくいです。しかし、その多くは地元に根付いた、顧客重視の経営を行っている優良企業が多く、大手の金融業者では審査が通らないような融資を受けていることも少なくありません。
基本的に大手の金融業者では、信用情報に傷が付いている場合には融資申込の審査は通りません。

しかし、中小の消費者金融は、返済が可能であると判断できるならば、お金を貸してくれます。これらの消費者金融からお金を借りれば、延滞中にお金が必要になったときでも安心です。

また、中小の消費者金融は、顧客動向に合わせて、即日融資が可能な企業が多いです。

中小の消費者金融だとブラックでも借りられるのはなぜ?

独自の審査基準

なぜ中小の消費者金融では融資を受けやすいのでしょうか。大手の金融業者は広告などによって、広く名前が知れ渡っています。

高いネームバリューによって、潜在的な顧客のほとんどは中小の消費者金融ではなく、大手の金融業者に融資を申し込みます。中小の消費者金融は大手と同じ審査基準で融資希望者を審査していたのでは、顧客を確保できません。

そのため中小の消費者金融では多少審査基準が緩くなっており、積極的に新規顧客を確保するため、大手の金融業者とは異なった審査基準によって融資審査が行われています。その結果、大手の金融業者では融資を受けられないブラックの人であっても、融資を受けられる可能性があります。

審査の甘いヤミ金以外の即日融資をご希望の方は、こちらの記事も参考にしてください。→電話なしで即日キャッシングはできる?対処法まとめ

個人融資という方法もある

大手の金融業者よりも審査が緩いとはいえ、審査に通らないことはあります。その場合には、個人間融資掲示板を利用して、お金を用立てることも可能です。

個人間融資掲示板とは

個人融資では消費者金融に頼らずに、個人間でお金の貸借を行います。個人間融資掲示板はそのような人たちが集まる掲示板です。

webやSNSで連絡を取り合い、必要な金額を用立ててもらいます。利用者は、一般金融業者ではお金が借りられない人たちが多いです。一般的に金融業者でお金を借りるよりも高い利率になっています。

たちの悪い業者には要注意

個人間融資掲示板は、契約などについての知識があまりない状態で利用している人が少なくありません。

それらを狙った、たちの悪い業者も集まっています。違法な金利を求める者や、詐欺目的の融資、闇金業者なども存在しています。

個人間融資掲示板は、お金を介したさまざまなトラブルに発展するリスクがあるので、利用する際には細心の注意が必要です。

闇金には要注意!

中小の消費者金融は、独自の審査基準によって融資を決定しますが、誰にでも融資をしているわけではありません。

ブラックでも借りられるのは、審査基準に適合しているのであって、甘い審査で融資はしていません。客観的に考えて、貸すべき理由がないのに融資を行う消費者金融は、もしかすると闇金かもしれないので、注意が必要です。

闇金と一般の消費者金融の見分けかた

中小の消費者金融も大手と同じく、貸金業を行うために登録をしています。

また、多くの消費者金融は、日本貸金業協会に加盟し、貸金業者として守らなければならない自主規制に従っています。闇金業者ではないか心配になったときは貸金業登録を行った際の「登録番号」と日本貸金業協会に加盟しているかを調べるとよいでしょう。

闇金の恐ろしさは、違法な高い金利を取られてしまうだけではありません。

法律を無視した取立や嫌がらせなどによって、借りた人間の人生を台無しにしてしまうおそれがあるので、どれだけお金に困っていたとしても、決して利用してはいけません。

どうしても借りられなかったら?

中小の消費者金融からもお金を借りられなかった場合には、最終手段として家族や友人に相談をしてみましょう。

借金はできなくとも相談にならのってくれるかもしれません。お金が必要となった理由は包み隠さず話さなければいけません。

お金を貸すのは、借りるのと同じくらいに勇気のいることです。お金を貸してくれた人は、借り手の理由を信じてくれています。その信頼を裏切らないためにも、理由を説明する際には決して嘘をつかないようにし、借りたお金は必ず期限までに返しましょう。

友達からお金を借りるときに借用書は必要?

ところで、友人など親しい人からお金を借りる際には借用書は必要でしょうか。

お互いの信頼関係を壊さないためにも明確な約束事として書類を作ることをおすすめします。借用書には次のような内容を書き込みます。

  • タイトルに「借用書」と書く
  • 借用書の作成日
  • お金を借りた日付と金額
  • 返済日と返金方法
  • 貸主と借主の名前と住所

契約書はその中身が大切なのであって、紙や書体に決まり事はありません。借主は、自分の名前と住所の横に、シヤチハタやゴム印以外で、印鑑を押すようにしましょう。

【おすすめ1】キャレント

多くの消費者金融は実店舗を構えて営業をしていますが、キャレントは店舗を持たず、ネットのみで経営している新しい形態の消費者金融です。

広告などをあまり行っていないため、認知度は大きくありません。入力プラットフォームから、24時間365日受付をしているので融資申込がとてもしやすいです。

キャレントの貸付条件

申込年齢 20歳以上
利用限度額 1万円~500万円まで
返済回数 1回から120回
返済期間 最長120カ月
実質年率 7.8%~18.0%
審査時間 最短2時間
即日融資 可能

キャレントの特徴

キャレントは2018年の段階で更新審査に3回通っている、安全な経営をしている正規の消費者金融です。保証人不要の貸付を行っており、全国振込融資ができます。店舗経営をしていないので来店も不要です。そのため、仕事時間の都合などで来店する時間がとれない方でも融資を受けられます。

【おすすめ2】エス・ジーファイナンス

エス・ジーファイナンスは借り換えローンやフリーローンなど、融資をさまざまな貸付プランから選ぶことのできる消費者金融です。フリーローンでは小額の融資を主にしており、最大で50万円まで即日融資できます。

エス・ジーファイナンスの貸付条件

申込年齢 20歳以上で定期収入のある方
利用限度額  1万円~500万円まで
返済回数 1回から120回
返済期間 最長10年
実質年率 9.85%~12.65%
審査時間 最短即日
即日融資 可能

ネットから申込をしても来店が必要なときもある

エス・ジーファイナンスから融資を受けるには、電話、インターネット、店舗の3つの方法によって融資申込をしなければなりません。ですが、電話とインターネットだけでは審査が終わらず、来店が必要な場合があります。来店をしたからといって確実に融資を受けられるわけではありません。店舗は東京都内なので、首都圏外から融資を希望する際は注意が必要です。”

【おすすめ3】アロー

アローは他社では避けられる、債務整理や自己破産などをされた方でも審査可能な消費者金融です。名古屋に本店を置き、地元密着型の消費者金融が持つ、顧客目線に立った柔軟な審査を行っています。

アローの貸付条件

申込年齢  25歳から65歳で定期収入のある方
利用限度額 200万円
返済回数 2回から180回
返済期間 最長15年
実質年率 15.0~19.94%
審査時間 最短45分
即日融資 可能

名古屋以外に全国融資可能

愛知県名古屋市に本店を持っているため、周辺地域のみを対象にする消費者金融のように思えますが、アローは全国どこでも融資できます。融資をネット申込で行えば来店は不要です。即日融資も可能なので、今すぐお金が必要な方にも向いている消費者金融です。審査時間は最短45分ですが、金融事故などを抱えている場合には審査時間が長引くことがあります。信用情報が良好でない方は、融資まで1週間ほど時間がかかるものとして申込をするとよいでしょう。”

【おすすめ4】セントラル

四国から登場したセントラルは、2017年にセブン銀行と提携した消費者金融です。融資に積極的で、信用情報に傷のある方だけでなく、収入が安定しづらいパートやアルバイトの方でも審査ができます。全国にある店舗にくわえてコンビニでの支払もできるので、非常に利便性が高い消費者金融として人気があります。

セントラルの貸付条件

申込年齢 20歳以上
利用限度額 1万円~300万円
返済回数 1回から47回
返済期間 最長4年
実質年率 14.8%~18.0%
審査時間 最短即日
即日融資 平日14時までの申込で可能

初回利用30日間金利ゼロ

セントラルは大手の金融業者のように、初回30日間金利ゼロ円サービスを行っています。中小の消費者金融特有の柔軟な審査基準を持ちながら、大手の金融業者並に利便性やサービスに優れているのが魅力です。そのため、はじめて中小の消費者金融を利用する人におすすめです。

【おすすめ5】ライフティ

ライフティは他社で融資を断られた方の審査も受けており、融資率も非常に高い消費者金融です。セブン銀行との提携によって、ライフティ発行のカードがセブン銀行ATMで利用できます。スマホを利用してサービスを受けられるので、キャッシングやカードローンの利用経験が少ない人でも、融資申込がしやすいです。

ライフティの貸付条件

申込年齢 20歳から69歳
利用限度額 1000円~500万円
返済回数 120回
返済期間 最長10年
実質年率 8.0%~20.0%
審査時間 最短30分
即日融資 平日13時までの申込で可能

契約書類は郵送か手渡し

ライフティの審査申込はスマホから行えますが、契約書類は郵送か手渡しです。

また、ライフティには自動契約機がないため、契約機から受け取ることもできません。消費者金融の利用を家族に秘密にしたいのであれば、郵便物の管理に注意する必要があります。

中小の消費者金融をあたってみよう!

中小の消費者金融は、大手に比べて規模が小さいため、利用するにあたって不安感を持つ人は少なくありません。

それは大手と比べて知名度がないため、怪しげな業者も混ざっているのではないかという疑念も理由の1つではないでしょうか。

優良な中小の消費者金融は多い

中小の消費者金融は、優良企業であっても名前が知られていないことはよくあります。しかしそれはサービスが悪いからではありません。

地域に根付き、顧客と密接な関係にある中小の消費者金融にとっては、ネームバリューがそれほど必要ではないからです。なかには大手と変わらないレベルのサービスを提供している企業もあります。

大手では審査が通らなかった人でも、顧客と密接な関係を持ち、事情に応じた融資を行っている中小の消費者金融では審査を通る可能性が十分にあります。

延滞中などでお金が足りないときは、ぜひ中小の消費者金融に融資申込をしてみましょう。