スルガ銀行カードローンの限度額を増額する方法-増枠審査の難易度とは?

公開日: 最終更新日:

通帳見て悩む人

スルガ銀行カードローンは主婦やアルバイトでも利用することのできるカードローンです。

また返済日を自分の好きなタイミングにできるという利用のしやすさが人気でもあります。

中には、スルガ銀行カードローンを利用していて限度額が足りないと思っている人もいるのではないでしょうか。

スルガ銀行カードローンでは限度額の増額を申請でき、審査に通れば限度額を増やしてもらうことができます。

しかし、限度額を増額するときに抑えておきたいポイントがいくつかあります。

また限度額を増額するということにはデメリットも存在するのです。

この記事では、スルガ銀行カードローンの限度額を増額する方法や、増額にあたり知っておきたいポイントを解説していきます。

目次

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する方法は2種類

まず、スルガ銀行カードローンの限度額を増額する方法について見ていきましょう。

限度額はスルガ銀行に申請をして審査に通過することで増額して貰えます。

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する申請方法は2種類。

  • フリーコールから申請
  • 会員サイトから申請

1つずつ解説していきます。

スルガ銀行カードローンで限度額を増額する方法①フリーコールで申請

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する方法の1つとして、ローンリレーションセンターというところへフリーコールで申請する方法があります。

電話番号や営業時間については以下を参照ください。

  • 電話番号 0120-550-237
  • 営業時間:月〜金曜日(祝日を除く) 9:00〜17:00

スルガ銀行カードローンで限度額を増額する方法①会員サイトから申請

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する方法の2つ目が、会員サイトからの申請です。

フリーコールは営業時間が決まっており、時間内でないと電話が繋がりません。

会員サイトは24時間対応しているため、忙しい人でも落ち着いたタイミングで申請可能です。

会員サイトでは以下の情報を記入して申請します。

  • 氏名、生年月日、住所など
  • 居住形態や家族構成について
  • 勤務先、年収など
  • 現在の借り入れ状況
  • 増額する理由
  • 希望する利用可能額

スルガ銀行カードローンの増額審査についての注意点

スルガ銀行カードローンの限度額増額ができるかどうかは、原則としてその日のうちに回答をしてもらえます。

しかし場合によっては、収入証明書の提出を求められたり、職場に在籍確認が入る可能性が。

そのような場合、審査の回答に1週間以上かかってしまうこともあります。

スルガ銀行カードローンで限度額を増額するメリット

前の章では、スルガ銀行カードローンで限度額を増額する方法について解説しました。

冒頭でも触れましたが、カードローンの増額には借り入れできる金額が増えるというメリットだけではなく、デメリットも存在するのです。

そこでこの章では、スルガ銀行カードローンで限度額を増額するメリットとデメリットについて解説していきます。

スルガ銀行カードローンで限度額を増額するメリット

スルガ銀行カードローンの金利は年3.9%~年14.9%の間で、返済者の金利がいくらになるかは審査によってスルガ銀行側が決めます。

審査に通過し限度額を増額することで、もともと決められた金利が下がることがあるのです。

借り入れ金額が増えると、返済者の返済額も当然ながら増えます。

そこで金利を下げることによって、返済の負担を軽くしてくれるのです。

これが限度額を増額することの大きなメリットの1つ。

もう1つのメリットには、借り入れ先をまとめやすくなるということ。

スルガ銀行カードローンの限度額以上に借り入れをしたいとき、他のカードローンなどから借り入れすると、会社によって返済日が異なることがあり管理が難しくなる可能性があります。

しかし、カードローンの増額をして借り入れしたい金額が新しい限度額で収まれば、借り入れはスルガ銀行のみで管理がしやすいのです。

スルガ銀行カードローンで限度額を増額するデメリット

次に、限度額を増額することによるデメリットについて見ていきましょう。

そもそも限度額を増額するということは、現在利用しているカードローンの契約内容を見直すということ。

審査によって見直しされるのですが、そこで「増額する以前に、現在の限度額でもこの人にとっては多すぎる」と判断されてしまうと限度額を減額されてしまう可能性があるのです。

限度額減額のリスク

カードローン会社などお金を貸す側としては、貸したお金が返ってこないというのは避けたいところ。

そのため、現在の返済能力に対して限度額が高く、お金が返ってこなくなる可能性があるとみなされた場合、減額されることがあります。

また限度額を増額すると、「まだ限度額まで余裕がある!」と思い借り入れをしすぎてしまうという可能性があるのです。

そうなると利息を多く払わなければなりません。

また借り入れしたお金を全て返済するまでの期間が延びてしまうなどといったデメリットがあります。

スルガ銀行カードローン増額の審査は初回審査時よりも厳しい

前の章では、スルガ銀行カードローンで限度額を増額するメリットとデメリットについて解説しました。

現在の限度額では足りなく、限度額を増額するなら審査に通過したいところですね。

しかし気になるのが、スルガ銀行カードローンの増額審査は最初にカードローンを契約したときの審査よりも厳しいかということ。

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する審査は、初回契約時の審査よりも厳しいと言えます。

前の章で解説したように、限度額の増額とは貸す側の回収リスクを高めることになるのです。

審査内容には初回審査と大きな変化はありませんが、増額するあたり貸す側も慎重にならざるを得ないため、審査は厳しくなると言えます。

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する審査で落ちる人の特徴5つ

前の章では、スルガ銀行カードローンの増額審査と初回契約時の審査の難易度を比較しました。

では、増額の審査にはどのような人が落ちてしまうのでしょうか。

この章で解説していきます。

限度額増額審査で落ちる人の特徴①返済を延滞したことがあるなど、信用情報に問題がある

当然ながら、返済の延滞など信用情報に問題がある人はスルガ銀行カードローンの限度額増額審査に落ちる可能性が高いです。

初回審査を通過するときにも信用情報に問題があると通過できませんが、増額するための審査でも同様のことが言えます。

スルガ銀行カードローンの審査は甘いのか?厳しいのか?

返済に何回も遅れてしまっている人に、より多くのお金を貸そうとは思わないですよね。

限度額増額審査で落ちる人の特徴②他社からの借り入れ金額が増えている

初回審査時より他社からの借り入れ金額が増えていると、スルガ銀行カードローンの限度額増額審査には落ちてしまう可能性が高いです。

借り入れ金が増えているということは、返済能力が低下しているということ。

貸した側の回収リスクが高くなるので、審査には落ちやすくなります。

限度額増額審査で落ちる人の特徴③年収が下がっている

こちらも上と同様に、返済能力が低下していることを意味します。

年収と限度額のバランスが取れていないと、スルガ銀行カードローンの増額どころか減額されてしまう可能性も。

限度額増額審査で落ちる人の特徴④常に限度額いっぱいまで借りている

収入や借り入れ金についての変化がなく、ちゃんと期日に返済をしていても、常にスルガ銀行カードローンで限度額いっぱい借りていると限度額を増額する審査に落ちやすくなります。

返済してまた借りてを繰り返している人を、返済能力が高いとは思えないですよね。

限度額増額審査で落ちる人の特徴⑤カードローンを利用し始めてからの期間が短い

返済能力について問題がなかったとしても、スルガ銀行カードローンを契約して利用し始めてからの期間が短いと限度額の増額審査には落ちやすいでしょう。

契約してすぐに増額を申請すると、「この人はお金に困っている」と判断されてしまいます。

そのような人は返済能力が低いと見なされ、限度額の増額審査には落ちてしまう可能性が高いです。

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する審査で通りやすくするポイント6つ

前の章では、スルガ銀行カードローンの限度額を増額する審査で落ちやすい人の特徴について解説しました。

では逆に、どのような人が審査に通りやすいのでしょうか。

この章で解説していきます。

限度額の増額審査で通りやすくなるポイント①希望額を少なめにして申請する

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する審査で通過しやすくなるポイントの1つ目が、希望額を少なめに設定して増額の申請をするということです。

スルガ銀行カードローンなど銀行系のカードローンは、借り入れのしすぎを規制する「総量規制」の対象外で、年収の1/3以上のお金を貸しても問題はありません。

しかし年収に見合った金額以上に借り入れをさせると、回収できなくなるリスクが高まります。

逆に年収に見合った金額であれば、増額してくれる可能性が高くなるのです。

限度額の増額審査で通りやすくなるポイント②前回の審査時よりも昇進などで年収が上がっている

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する審査で通過しやすくなるポイントの2つ目が、前回の審査時よりも年収が上がっていることです。

例えばアルバイトから正社員になった、役職が上がったなど、年収が上がるということは返済能力が高くなったということを指します。

借り入れ金を返済できる能力があるなら、限度額増額の審査には通りやすくなります。

限度額の増額審査で通りやすくなるポイント③前回の審査時よりも勤続年数・居住年数が延びているか

スルガ銀行カードローンの限度額を増額する審査で通過しやすくなるポイントの3つ目が、前回の審査時よりも会社の勤続年数や、家の居住年数が長くなっていることです。

それぞれが長いと収入が安定していると判断され、返済能力が高いと見なされます。

限度額の増額審査で通りやすくなるポイント④カードローンを契約してからの期間が長い

前の章でも解説しましたが、スルガ銀行カードローンを契約してからすぐ限度額の増額申請をすると審査に落ちやすくなります。

しかしある程度の間に支払いをちゃんとして、信頼を得ることができれば限度額の増額審査には通りやすくなるでしょう。

目安としては、スルガ銀行カードローンを契約してから最低でも半年から1年後くらい経てば通りやすくなるようです。

限度額の増額審査で通りやすくなるポイント⑤他社からの借り入れが少ない、借り入れ件数が少ない

他社からの借り入れ金が少なかったり、借り入れしている件数が少ないのも限度額増額の評価対象になり得ます。

スルガ銀行カードローンでは借り入れ金が少なくても、他社から多く借りていたり、借り入れの件数が多いと返済能力が高いとは言えませんよね。

限度額の増額審査で通りやすくなるポイント⑥返済を延滞するなど、信用情報に傷をつけない

信用情報に問題がある人には、増額をしたいとは思えないですよね。

しかしこれまで問題なく返済を続けている人であれば、限度額増額のチャンスはあります。

スルガ銀行カードローンで限度額を増額するには安定した返済が必要

この記事では、スルガ銀行カードローンで限度額を増額する方法や、増額のメリット・デメリットなどを解説しました。

限度額を増額してもらうには、「貸す側から信頼してもらえるかどうか」にかかっています。

増額してもちゃんと安定して返済ができると見なされれば、スルガ銀行カードローンの限度額を増額してもらえるでしょう。