スルガ銀行カードローンの保証会社はどこ?

公開日:

必要書類を持つスーツ姿の人

静岡県に本店を構える、スルガ銀行。

そのスルガ銀行が提供するカードローンが、「スルガ銀行カードローン」です。

3.9%からという金利の低さや、VISA機能付きのカードとして利用できるというのがこのカードローンの魅力的なところ。

カードローンを利用する場合、申し込み時には審査があります。

そしてその審査によってカードローンを利用できるかどうか、また限度額が決定されるのです。

この審査はスルガ銀行の保証会社が審査を行うのですが、保証会社がどこになっているかで審査の通りやすさが変わってくる場合があります。

そのため、カードローンの申し込みをする前には、どこが保証会社となって審査をするのか知っておきたいところ。

この記事では、スルガ銀行カードローンの保証会社、また保証会社がどのような審査をするのかについて解説していきます。

そもそも保証会社とは?どういった業務をしているの?

そもそも、保証会社とはどのようなものなのでしょうか。

銀行系のカードローンは、一般的には無担保・保証人も不要というのが特徴です。

担保や保証人がいると、カードローン利用者が借り入れ金を返済できなかった場合の保証となります。

カードローンを利用するときに、その保証の役割を果たしてくれるのが保証会社です。

では、保証会社はどのような業務を行っているのでしょうか。

保証会社が行っている業務は主に次の2つです。

  • 代位弁済
  • カードローンの審査

この二つを合わせて「保証業務」と呼ぶのですが、具体的にはどのような業務なの、ひとつずつ解説していきます。

保証会社の業務内容①代位弁済

保証会社の業務内容の一つ目は、「代位弁済」というものです。

上で解説したように、利用者が借り入れ金の返済ができなかった場合、保証会社が保証となって利用者に代わり銀行に一括で返済をしてくれます。

このことを代位弁済と呼ぶのです。

しかし保証会社が代位弁済をしてくれたら、利用者の返済義務が無くなったというわけではありません。

利用者は銀行ではなく保証会社にお金を返済する必要があるのです。

つまり保証会社が代位弁済をすることで、お金を請求する権利が銀行から保証会社に移っただけなんですね。

スルガ銀行カードローンの場合、保証会社が代位弁済をしたあとはスルガ銀行ではなく、その保証会社から返済請求が来るようになります。

保証会社の業務内容②カードローンの審査

保証会社の業務内容の二つ目が、カードローンの審査です。

上で解説したように、利用者がカードローンの借り入れ金を返済できなかった場合、保証会社がその保証となって銀行に返済をしてくれます。

しかし、カードローン利用者が借り入れ金の返済ができないと困ってしまいますよね。

そのため保証会社は利用者に対して、返済能力があるかどうかを審査するという業務も行っているのです。

スルガ銀行カードローンでも同じように、スルガ銀行の保証会社が利用にあたっての審査を代行しています。

つまり、スルガ銀行自体が審査をするのではなく、スルガ銀行が審査を委託しているのが保証会社なのです。

スルガ銀行カードローンの審査は甘いのか?厳しいのか?

スルガ銀行カードローンの保証会社は3社ある

前の章では、保証会社の役割について解説をしました。

ではスルガ銀行カードローンの保証会社はどこなのでしょうか。

スルガ銀行カードローンの保証会社は次の3社です。

  • スルガ・キャピタル株式会社
  • ダイレクトワン株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション

この3社について、順番にひとつずつ見ていきましょう。

スルガ銀行カードローンの保証会社①スルガ・キャピタル株式会社

スルガ・キャピタル株式会社はその名の通り、スルガ銀行のグループ会社です。

この会社はリース事業を中心にスルガ銀行の保証業務をしています。

この会社自体はスルガ銀行設立以前からありますが、個人向けの無担保ローン事業は最近始めたばかりです。

そのため消費者金融の保証会社とは審査基準が異なっているとされています。

スルガ銀行カードローンの保証会社②ダイレクトワン株式会社

ダイレクトワン株式会社は、スルガ・キャピタル株式会社と同様にスルガ銀行のグループ会社です。

こちらは消費者金融業者で、個人向けの無担保ローンを行っており、「ダイレクトワン」というキャッシングサービスを自社で展開しています。

カードローンの審査と保証業務を行っており、スルガ・キャピタル株式会社が保証できない顧客を保証審査しています。

株式会社オリエントコーポレーション

株式会社オリエントコーポレーションは割賦販売業者で、クレジットカードの発行やローンを提供する「オリコ」としてよく知られています。

銀行カードローンの審査や保証業務も長年行っており、その取引件数は保証業界トップクラスです。

保証会社が3社あるため、全ての信用情報機関の情報がチェックされる

カードローンなどの審査では過去にお金の借り入れでトラブルがなかったかどうか、信用情報をチェックしています。

国内にある信用情報機関は次の3つ。

  • JICC
  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター

それぞれ金融機関によって加盟する信用情報機関が異なります。

JICCは消費者金融が、CICはクレジットカード会社が、全国銀行個人信用情報センターは銀行が加盟しているのです。

信用情報機関へは、加盟している会社のみが情報照会をすることができます。

例えば消費者金融が審査を担当する場合、JICCの情報は確認できますが、他の信用情報機関への照会はできません。

しかし、スルガ銀行カードローンの場合は3社ある保証会社から国内の信用情報機関全てに照会をすることができます。

スルガ銀行カードローンではどの保証会社が審査を行うの?

前の章では、スルガ銀行カードローンの保証会社はどこなのかを解説しました。

スルガ銀行カードローンの保証会社は3社ありますが、だからと言って審査のときには必ず3社ともが審査をするわけではありません。

この章では実際の審査について見ていきましょう。

スルガ銀行カードローンではどの保証会社が審査をするかわからない

スルガ銀行カードローンの審査では、そのうちの一社が審査を担当することになります。

しかし、どの保証会社が審査をするか、申込者は選択することはできません。

保証会社によって審査基準に大きな違いはありませんが、過去の信用情報などによっては審査の通りやすさに差が出てしまう場合があります。

どちらかの保証会社で審査に通れば借り入れ可能

ですが最初に審査を担当した保証会社で審査落ちしてしまったからと言って、スルガ銀行カードローンを利用できないというわけではありません。

もし保証会社の審査に落ちてしまっても、別の保証会社の審査に通過すればカードローンの利用をすることができます。

例えば、株式会社オリエントコーポレーションとダイレクトワン株式会社の審査に落ちてしまったとしても、株式会社スルガ・キャピタルの審査に通過すればOKということです。

とはいえ、信用情報によってはどの保証会社の審査も落ちてしまう場合もあります。

まとめ

この記事では、スルガ銀行カードローンの保証会社について、また保証会社の役割や、どの保証会社が審査をするのかについて解説しました。

保証会社がいるからこそ、スルガ銀行カードローンでは無担保で、保証人がいなくても借り入れをすることができます。

またスルガ銀行カードローンではどの保証会社が審査をするのかは利用者側では選べません。

しかし3社あるうちの1社でも審査に通過すれば良いので審査に通りやすいと言えるのではないでしょうか。

金利も3.9%からと低く、VISA機能付きのカードとして借り入れでき、全国どこでも利用できるスルガ銀行カードローン。

お金の借り入れ先に悩んでいる人は、一度利用してみては。