ATMやネットでOK!横浜銀行カードローンの借入方法

公開日:

さまざまな理由から、カードローンの利用を検討しているという方は少なくありません。

その中でも、横浜銀行カードローンで借り入れをしたいと考えている方もいるでしょう。

今回の記事では、横浜銀行カードローンの利用を検討している方を対象に、どんな特徴があるカードローンなのか、どのように借り入れをするのかといったことについて詳しく解説していきます。

用途自由!横浜銀行カードローンの特徴

カードローンとは?

カードローンとは、個人向けの無担保融資のことを言います。

カードローンには銀行系カードローンと消費者金融系カードローンがあるのですが、一般的には銀行系カードローンの方が金利が低く設定されていることが多いです。

横浜銀行カードローンは銀行系カードローンに分類されますので、その特徴を見ていきましょう。

金利や借入限度額

横浜銀行カードローンの金利は1.9%~14.6%で、借入限度額は10万円~1,000万円となっています。

金利は銀行系カードローンの中では相場程度になっていますし、借入限度額も1,000万円までと大口の融資にも対応していますから使いやすいカードローンでしょう。

また使い道自由のカードローンですし、事業用資金以外なら自由に使うことができるのです。

口座引き落としでの返済

横浜銀行カードローンの返済方法は、口座引き落としになっています。

自分で振り込むのではなく、指定日に自動で引き落とされますから返済忘れということがありません。

借入限度額なら毎月の返済額が安い

横浜銀行カードローンでは10万円からの融資に対応していますが、借入の最低限度額である10万円を借りるということでしたら、毎月の返済額は2,000円と安くなっています。

そのため、返済しやすく家計への影響も最小限で抑えることができるのです。

どうしても借りたい!横浜銀行カードローンの審査基準とは?

カードローンは審査が必要?

銀行系、消費者金融系問わず、カードローンを利用するためには利用する企業の審査を受ける必要があります。

各社によって審査の基準は違ってきますので、横浜銀行カードローンの審査基準はどのようなものなのか見ていきましょう。

審査基準は公表していない

横浜銀行カードローンだけでなく、一般的にカードローンを扱っている会社はその審査基準を公表していません。

ですので、審査に通りやすくなるポイントとして一般的に言われているようなことを押さえておく必要があるでしょう。

他社借入を含めた借入総額の確認

まず、すでに他社借入をしているという場合にはその借入残高がいくらなのかを確認してください。

借入残高が年収の三分の一を超えている、といった場合には他社借入を完済してから申し込んだ方がいいでしょう。

横浜銀行カードローンは銀行カードローンですので、総量規制の対象ではありませんが年収の三分の一以上の借り入れがあるということだと、審査には不利になります。

他社借入の返済や光熱費などの支払いを遅延しない

他社からの借り入れがある場合や割賦金などを払っている場合には、支払いの遅延をしないことが重要です。

支払いを遅延したり長く滞納していたりすると、信用情報に傷がついてしまうのでカードローンの利用は厳しくなります。

ですので、普段から支払いの遅れがないように心がけるといいでしょう。

Web完結可能!横浜銀行カードローンの申込み方法

申し込み方法にはどんなものがあるの?

横浜銀行カードローンへの申し込みをするには、3つの申し込み方法があります。

インターネット、FAX・郵送、電話という3つの方法になりますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

インターネット

横浜銀行カードローンはインターネットからの申し込みが可能です。

24時間申し込み可能ですので、便利でしょう。

インターネットからの申し込みには、横浜バンクカードまたはキャッシュカードを持っていることが条件になります。

どちらかを持っていれば、店舗などに行くことなくWEB完結で申し込みできますので、公式ホームページから申し込みをしてください。

FAX・郵送

横浜バンクカード、キャッシュカードのどちらも持っていない、横浜銀行に口座を持っていないという場合には、FAXか郵送での申し込みになります。

申し込み自体はインターネットからでもできますが、契約書類はFAXか郵便で送ることになりますので注意してください。

電話

受付時間内であるのなら、フリーダイヤルからの申し込みも可能になっています。

受け付け時間は平日なら午前9時~午後8時、土日祝日は午前9時~午後5時となっていますので、都合がいい時間に電話して申し込みをしてください。

借入限度額によって変わる金利

金利はどのように決まるの?

カードローンでは基本的に借入限度額によって金利が変わります。

一般的には限度額が大きければ大きいほど、金利は低くなるという傾向にあるのですが、横浜銀行カードローンの金利はどのようになっているのでしょうか。

借入限度額と金利

まず、横浜銀行カードローンの上限金利は年14.6%となっています。

借入限度額が100万円以下という場合には上限金利である年14.6%が適用されることになります。

100万円~200万円という場合には年11.8%、200万円~300万円の場合には年8.8%といったように借入限度額が上がるにしたがって金利は低くなっていくのです。

借入限度額の最高額1,000万円という場合には最低金利の1.9%が適用されることになります。

金利という面だけ見れば、借入限度額が大きい方が有利ということになるでしょう。

定例返済額は高くなる

借入限度額が大きければ金利は低くなりますが、定例返済額は高くなります。

横浜銀行カードローンでは、借入残高に合わせて毎月支払う定例返済額が設定されているのですが、多く借りていればそれだけ定例返済額は高くなるのです。

ですので、金利だけを見るのではなく毎月どのぐらいの金額なら無理なく返済していけるのかといったことをシミュレーションして、しっかりと計画を立ててから借入れをすることが重要になります。

横浜銀行カードローンの借入方法1.ATM

借入方法は?

横浜銀行カードローンの審査に無事に通って契約した後は、実際に借入れをすることになるでしょう。

しかし、どのように借り入れをしたらいいのかわからないという人も少なくはありません。

横浜銀行カードローンはATMから借入れすることが可能ですから、詳しい借入方法を見ていきます。

コンビニなどでもOK

横浜銀行カードローンは横浜銀行のATMはもちろんのこと、セブン銀行、イーネット、ローソンなどのコンビニATMとも提携していますからそのような場所でも借入れすることができます。

イオン銀行も利用可能ですので、自分が行きやすい場所のATMで借り入れをしましょう。

ATMにローンカードを挿入して画面の案内に従えばすぐに借入れすることができます。

手数料無料・平日なら終日借入可能

ATMからの借り入れは、上記したATMなら手数料がいつでも無料となっています。

余計な手数料がかかりませんから安心して借り入れをすることができるでしょう。

また、平日なら終日借入可能なので急にお金が必要になったという時にも便利です。

ATMの稼働時間は確認しておこう

ATMが稼働していれば借入れすることが可能ですが、中には稼働時間が決まっているというATMもあります。

ですので、自分が利用したいATMの稼働時間がどうなっているのかしっかり確認しておいてください。

横浜銀行カードローンの借入方法2.はまきんマイダイレクト

ATMのほかにも、はまぎんマイダイレクトを使うという借入方法もあります。

はまぎんマイダイレクトは、パソコンやスマートフォンなどで各種取引ができるというサービスです。

振込や残高照会などといったことがスマホでもできるので便利でしょう

インターネットから申し込みをすると契約カードが送られてきますので、それをもとにして初回利用登録をすれば使えるようになります。

利用登録したら、はまぎんマイダイレクトにカードローン口座をサービス利用口座として登録します。

こうすることで、インターネットから借り入れと返済を行うことができるようになるのです。

家や職場からでも簡単に借り入れや返済をすることができますから、忙しくてATMに行く暇がないという時にも便利でしょう。

使い方をマスター!便利な横浜銀行カードローンのアプリ

お得に使うために借入方法は複数覚えておこう!

このように、横浜銀行カードローンにはさまざまな申し込み方法や借入方法があります。

自分に合っている方法はどれなのかということを考えて申し込みをしてみてください。

カードローンを利用するには審査に通ることが必要になりますので、他社借入をしているのならその借入残高を把握する、支払い滞納などをしないようにするということにも気を付ける必要があります。

また、お得に借り入れを行うためには複数の借入方法を覚えておくということも重要です。

そうすることによって、手数料を節約することができたり、営業時間外でも借入手続きができたりするので、より便利に使えるようになるでしょう。

選択肢がいくつかあることによって場合によって適切な借入方法を選ぶことができるようになりますので、知識としていくつかの方法を頭に入れておくようにしてください。