横浜銀行カードローンの審査は厳しいのか?審査落ちの条件は?

公開日:

必要書類を持つスーツ姿の人
日本最大規模の地方銀行である横浜銀行。

そんな大規模地方銀行が運営する、低金利で借りやすい地方銀行カードローンが「横浜銀行カードローン」です。

横浜銀行カードローンは、横浜銀行の口座を持っていなくとも利用できる、とても利便性の高い地方銀行カードローンですが、果たしてその審査基準は厳しく設定されているのか?

そもそも申し込んだ人の、どんな情報が審査されるのか。

そして横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまうのはどんな条件の人か?

横浜銀行カードローンの審査について、今回は詳しく調べていきましょう。

横浜銀行カードローン基本情報

横浜銀行カードローン-300-300

金利 1.9~14.6%
限度額 800万円
審査時間 最短翌営業日
利用可能地域 以下の場所にお住まいの方か、お勤めの方

  • 神奈川県全域
  • 東京都全域
  • 群馬県内の前橋市、高崎市、桐生市
申込み条件
  1. 契約時20歳以上69歳以下の方
  2. 安定した収入がある方、またはその配偶者
  3. 利用可能地域にお住まいの方かお勤めの方
  4. 保証会社の保証が受けられる方
  5. 横浜銀行およびSMBCコンシューマファイナンスの個人上取扱に同意される方

低金利が最大の強み

優秀な横浜銀行カードローンですが、一番の強みはやはり、「1.9~14.6%」という低い金利設定です。

これほど低い設定金利のカードローンは、銀行カードローンでもかなり珍しいです。

カードローンを選ぶ際、一番多くの人が重要視するのが「金利の低さ」ですから、横浜銀行カードローンは多くの人から選ばれる条件を持っていると言えます。

利用可能地域に制限有り

誰しも横浜銀行カードローンは魅力を感じるはずですが、利用時に注意も一点。

それは、横浜銀行カードローンの利用可能地域についてです。

東京都全域、神奈川県全域、群馬県一部地域以外にお住まいの方かお勤めの方しか、横浜銀行カードローンを使って借り入れを行うことはできません。

その他の地域にお住まいの方かお勤めの方は、今すぐこのページからスワイプして戻るか、「戻る」をクリックしてください。

横浜銀行の口座がなくても利用可能

地方銀行カードローンでよくあるのが、銀行口座を持っている人しか利用できないという条件です。

しかし横浜銀行カードローンを利用する際には、横浜銀行以外の口座を登録しても利用可能。

これなら誰でも、気軽に横浜銀行カードローンを利用することができますよね。

審査時間は長め?

横浜銀行カードローンの審査時間が気になる方も多いはず。

気になる横浜銀行カードローンの審査時間ですが、人によっては審査に長い時間がかかる人もおり、「3日以上待たされた」なんて方も。

一般的に、審査に時間がかかるのは「審査に通すか、担当者が悩んでいる」場合が多いです。

「審査に時間がかかっているということは、自分は審査落ちのリスクが高い」という覚悟をしておきましょう。

横浜銀行カードローンの審査基準

それでは、横浜銀行カードローン審査でどんな情報が審査されるのか。

そしてどれくらい厳しく横浜銀行が審査するのか、その審査基準についても調べていきましょう。

属性

横浜銀行も他のカードローンと同じく、「属性」の審査からはじめます。

属性の審査でみられるのは、その人がもらっている収入から、住んでいる家、住んでいる地域、働いている会社に関する企業など、基本的な生活環境です。

属性の審査は基本的に、横浜銀行カードローンに申し込む際入力した情報を元に審査が進みます。

ですが明らかに真偽が怪しい情報があると、横浜銀行が慎重に審査を行います。

属性の審査は、各項目の情報が加点形式で審査されます。最終的なスコアが横浜銀行の審査基準を満たした時、審査通過となります。

信用情報

信用情報の審査では、信用情報機関という独自機関に集まった個人情報を審査されます。

信用情報には、キャッシングなど金融商品と個人が関わった記録がすべて残っています。

この記録の中で、返済能力が低いと判断される条件があると、横浜銀行カードローンの審査に落ちるきっかけとなってしまうのです。

横浜銀行カードローンの審査基準は厳しいのか?

横浜銀行カードローンの審査で見られる情報はわかりましたが、横浜銀行カードローンの審査では、どれくらい厳しくそれらの情報が審査されるのか?

横浜銀行カードローンの審査基準についても、調べていきましょう。

とはいえ、ここから説明する横浜銀行カードローンの審査基準はあくまで私の予想です。

詳細な横浜銀行カードローンの審査基準は、横浜銀行内部の人しか把握できない情報です。

低金利で高限度額の銀行カードローンの審査基準は厳しい

一般的に、金利の低いカードローンの審査は厳しいです。

なぜなら、金利が低く請求できる利息が少ないと、それだけ貸し倒れで銀行側が被害を被るリスクが大きくなるからです。

金利が高く利息も高いと、それだけ利用者の貸し倒れに対応できるものの、横浜銀行カードローンくらい低金利だとそうもいきません。

まず、「横浜銀行カードローンの金利は低い」ことで、決して横浜銀行カードローンの金利が低く、審査が決して甘くないことを覚悟しておきましょう。

審査に時間をかけているのは慎重な審査の表れ?

横浜銀行カードローンの審査は、先程説明したように多少の時間がかかります。

どうして審査に時間がかかるのかというと、「慎重に審査しているから」に他なりません

審査が混み合う時期なら、審査に時間がかかることもあるでしょうが、さっき説明した低金利のカードローンは審査が厳しいことを考えても、横浜銀行カードローンの審査は慎重であることがわかります。

フリーターでも審査に通った実績も?

とはいえ、横浜銀行カードローンは利用者の収入に寛容です。

収入以外の情報で返済能力に疑問を持たれなければ、たとえフリーター程度の収入でも、十分審査に通る可能性があります。

収入が低い方は、「自分の信用情報」「収入以外の属性」を思い返してみてください。

横浜銀行カードローン審査で重要視されるのは「信用情報」

横浜銀行カードローンの審査でより厳しく審査されるのは、「属性」より「信用情報」です。

いくら収入が低くくとも、信用情報がクリーンで金融トラブル記録がないなら、十分に審査に通る資格があるのです。

反対に収入が高く属性で返済能力が高かったとしても、信用情報がブラックだった時点で、審査において大きくマイナスとなってしまうのです。

横浜銀行カードローンの審査に落ちやすい条件

お金がないことに悩む女性

それではもっと具体的に、横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまう人の条件を調べていきましょう。

どんな人が横浜銀行カードローンの審査に落ちるのか。

これから申し込む人は「自分の条件と合致した部分がないか」。

そして、すでに審査に申し込んで、横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまった人は、どうして審査に落ちてしまったのか、その原因究明をしてください。

収入が不安定だった

収入が高い低いではなく、収入が不安定だった時、審査に落ちる要因となってしまいます。

毎月一定額をもらっていない、収入をもらうタイミングが不定期であるなど、不安定な収入は審査においてマイナスポイントです。

在籍確認が取れなかった

審査の最後に待ち受ける「在籍確認」で、横浜銀行が確認を取れなかった時、残念ながら横浜銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。

在籍確認とは、横浜銀行カードローンの保証会社である「SMBCコンシューマファイナンス」から申し込んだ人の職場にかけられる「在籍確認電話」です。

その確認電話で、在籍が確認できなかった時、残念ながら審査落ちとなってしまいます。

信用情報のブラックな情報が消えてない

信用情報にブラックな記録が残っていると、横浜銀行カードローンの審査に落ちる大きな要因となってしまいます。

信用情報に残るブラックな記録とは具体的に言うと、

  • 他社返済遅延記録
  • 債務整理記録
  • クレジットカード支払い遅れ記録

などです。

細かく言えばもっとブラックな情報の種類があるのですが、大まかに言えばこれらです。

そしてこれらの記録が消えるまでには、5年ほど時間が必要です。

他社借入が多すぎた

他社借入記録も信用情報に残ります。

そしてその記録も審査されます。

他社借入が多いということは、その借り入れ記録の数だけ返済能力が下がるということです。

他社借入が多ければ多いほど、横浜銀行カードローンの審査に落ちやすくなること、覚悟しておきましょう。

申し込み内容で嘘があった

申し込み情報で嘘の情報を書くと、審査に落ちてしまいます。

明らかに年収が高い、または勤続形態が違うなど、今の自分とかけはなれた情報での申込みは、まず間違いなくバレます。

横浜銀行カードローンの審査を請け負う保証会社のSMBCコンシューマファイナンスは、過去多くの人を審査した実績があります。

その程度の簡単な嘘は、簡単に見抜かれるでしょう。

他社キャッシング同時申し込み、クレジットカード使いすぎ…返済能力が怪しい要因が多かった

他にも、「お金に困っている」と思われる要因である「他社キャッシング同時申し込み記録」「クレジットカードの使い込み記録」など、細かい情報の一つ一つで、審査に落ちやすくなってしまいます。

クレジットカードの使い込み記録は、あとから取り戻すことが難しい情報ですが、「キャッシング同時申し込み記録」は心がけ一つでマイナスを食い止めることができるはずです。

口コミから調べる横浜銀行カードローンの審査基準

横浜銀行カードローンの審査基準をより正しく確かめるために、実際に横浜銀行カードローンの審査を受けた人の口コミを調べておきましょう。

23歳男性

新卒で入った会社の給料が安くて、生活がままならず横浜銀行カードローンを利用しました。私は生まれも育ちも横浜で、横浜銀行も横浜銀行カードローンも以前から馴染みがあったので、あまり抵抗なく申し込みました。低金利で借りやすい、優秀なカードローンだと思います。審査が遅いって聞いてたけど、翌日には審査結果が届きました。

33歳男性

妻に内緒でお小遣いがほしくて、横浜銀行カードローンで借り入れを行いました。普段から横浜銀行と取引があったので、特に怪しまれることもなく、5万円ほど毎月借りてましたね…。

横浜銀行カードローンの審査に落ちたらどうする?

さて、横浜銀行カードローンの審査にすでに落ちてしまっている人は、どうすればいいのか。

審査に落ちてしまったとはいえ、お金が必要なことには変わりないはず。

どうすればその「お金の必要性」に応えることができるのか。

より審査の甘い消費者金融カードローンへ申し込む

横浜銀行カードローンの審査は、消費者金融カードローンの審査より厳しいです。

横浜銀行カードローンの審査に落ちた人でも、消費者金融のカードローンになら通る事は十分に考えられます。

どうしてもカードローンでお金を借り入れる必要性を感じるなら、消費者金融のカードローンで借り入れをおすすめします。

消費者金融なら即日融資で借入可能

消費者金融のカードローンは審査が甘い以外にも大きなメリットがあります。

それは、消費者金融のカードローンの多くが「即日融資」に対応していることです。

即日融資に対応しているカードローンなら、申し込んだその日に借り入れが完了するので、急な出費にも対応できるというわけです。

横浜銀行カードローンは即日融資に対応してないことを考えると、この点で消費者金融カードローンは優れているとも言えます。

即日融資で借りられるカードローン!今日中に借りれる?

大手消費者金融のほとんどが銀行系企業

「消費者金融のカードローンなんて、なんだか不安」と思う方も多いでしょう。

しかし大丈夫です。アイフル以外の大手消費者金融は、「都市銀行の傘下企業」であるため、実際銀行からの借り入れと考えることもできるのです。

カードローンを選ぶ大きなポイントが「安心感」だと言う方もいるでしょう。

大手消費者金融カードローンを利用した借り入れなら、その安心感という点もクリアできるのです。

カードローン以外の手段でお金を調達する

お金を手に入れる手段は何も「カードローンで借り入れる」だけではないはず。

働く、消費者金融や銀行以外から借りる、投資、ギャンブル…。

様々な方法が思いつきます。

横浜銀行カードローンを利用する以外の方法も模索してみてください。

「お金が必要」な方に教えてあげたいお金の調達方法

まとめ

いかがだったでしょうか。

横浜銀行カードローンの審査基準、審査で見られるポイントなど、横浜銀行カードローンの審査について詳しく理解できたでしょうか。