カードローン審査に通るには?他社借入件数は何社まで?

公開日:

自身の信用をもとにお金を借りることができるカードローンは非常に便利です。

しかしカードローンを借りるためには、まず審査を突破しなければなりません。

それでは、どのような人が審査に突破し、どのような人が審査に落ちてしまうのでしょうか?すでに多重債務である場合には審査には通らないのでしょうか?また、何社までならカードローンの申し込みができるのでしょう?今回はそのような疑問を解決すべく、カードローンの審査やその総額、借入件数についてまとめてみました。

他社借り入れはどれくらい審査結果に影響するのか?

カードローンに申し込む前に意識しておきたい総量規制とは?

すでに債務がある状態であらたにカードローンを申し込んだり、カードローンの同時申し込みを行なったりする場合において意識しておかねばならないのが「総量規制」です。

これは、貸金業法において定められている法律の1つとなっています。

貸金業者が個人に貸付を行う場合、返済能力を調査する義務があります。

その調査結果のもと、その個人の年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはいけない、と定められているのです。

総量規制の対象となるのは個人がお金を借り入れる場合であり、個人が事業用資金として借り入れる場合は対象にはならないのですが、これからカードローンを検討される方は前もって考えておかなければならないポイントとなります。

重要なのは借入件数よりも借入総額

そのように総量規制がなされているため、すでに他社にて借入がある場合でも、第一に気にするべきなのは借入件数ではなく借入の総額である、ということができます。

総量規制において、その件数に関しては制限はなされていません。

条件として課されているのは「年収の3分の1を超えるかどうか」という点だけですので、新たにカードローンを申し込む際には第一に借入金額の総額を意識した方が良いでしょう。

総量規制がなされるのは貸金業者のみ

ちなみにですが、総量規制がなされるのは貸金業者の総額のみです。

銀行系に関しては除外されることになります。

そのような点を意識しながら、現時点で年収のどの程度を借り入れているのか、今一度見直すことが重要です。

なぜわかる?借入総額の調べ方

では、実際に総量規制のための調査はどのようにして行われているのでしょうか?貸金業者がどのようにして借入金の総額の多さを調べているのかご紹介します。

流れとしては、貸金業者が審査を行う時、まずは信用情報機関へ照会をかけることになります。

そして、これまでの貸金業者の利用状況や事故情報、現在の借り入れ件数などをチェックするのです。

そのようにして1人1人のこれまでの状況について調査を行い、その結果カードローンを許可するかどうか判断します。

申し込みから審査結果の発表まではそのようなことが行われているのです。

不動産担保貸付や自動車担保貸付は除外される

また、その調査においては不動産担保貸付や自動車担保貸付は除外されます。

あくまで貸金業者からの借り入れ状況、これまでの履歴が重視されるということになります。

銀行系なら総量規制が関係ないって本当?

また、さきほど「総量規制は銀行系には適用されない」ということをご紹介しました。

しかし、本当に総量規制がされていないのならば銀行系ならカードローンの審査が通りやすいのでしょうか?ここでは、総量規制の関係ない銀行系カードローンなら消費者金融で複数の借り入れがあっても審査に通るのかについて解説します。

総量規制は適用されないが、ハードルは高い

確かに銀行系カードローンに総量規制は適用されません。

それは紛れもない事実です。

しかし、総量規制がされないのは確かなのですが、銀行系カードローンの方が消費者金融系のカードローンよりも審査が厳しい傾向にあることも事実です。

むしろ、総量規制のない銀行系カードローンの方がハードルが高いと考えておいた方が良いでしょう。

銀行系カードローンが作れた場合も、返済額には要注意

また、仮に消費者金融にて複数の借入をしている状態で、銀行系カードローンが作れたとしましょう。

この場合、借入の合計金額が年収の3分の1を上回ることも考えられます。

そうなってしまうと、毎月の返済額が高額になってしまうことが考えられます。

仮にカードローンの審査が通ったとしても、返済額をうまく調整しないと契約者本人が返済で大変なことになってしまうことは覚えておいた方が良いでしょう。

複数の業者に同時審査を申し込むのはおすすめしない

加えて、複数の業者に同時に審査を申し込むことはおすすめできません。

実は信用情報機関にはカードローンに申し込んだという履歴も記録されるのです。

審査を行っている時、同時にいくつものカードローンの申し込みを行っていることが伝わると、多重債務になる可能性があるとみなされ審査に落ちてしまう場合があります。

審査を申し込む時は1社ずつ

そのため、審査は1社ずつ申し込むということが鉄則です。

そして、1社の審査を通過することができ、なおかつさらにカードローンの使用を考えている場合にのみ、半年ほど返済実績を作った後に別の金融会社に審査を申し込むべきです。

同時に申し込むことはなるべく避けましょう。

そして、地道に返済を続け信用を積み上げていくことが重要です。

借金の一本化なら審査に通過しやすいかも?

また、多重債務である場合も審査に通りやすい場合があります。

それは、借金を一本化するという目的で審査を申し込む場合です。

使い道が自由であるカードローンであれば、借金の一本化が目的であり契約後ほかの借金を完済したうえで解約することを約束することで審査に通る可能性は高くなります。

おまとめローン審査に通りやすくなる秘訣紹介!

債務の一本化は借入金額の管理におすすめ

そして、借金の一本化は金利や返済日、返済額の一本化につながるため、借入金額の管理がしやすいためおすすめです。

すでに複数の消費者金融において借入を行っている場合は、一本化を考えることも一つの手です。

しっかりとした返済プランで、無理なく返済履歴を積み上げていくことが重要です。

すでに返済が苦しい方はおまとめローンの利用を

そのため、すでに多重債務にて返済が苦しい場合は、ぜひおまとめローンの利用を検討してみてください。

おまとめローンとは、複数の借入を1つにまとめる目的でできた融資のシステムとなっています。

現在では多くの銀行や消費者金融がおまとめローンを導入していますので、一度ご自身の状況と合わせて確認してみるのが良いでしょう。

借入件数は増やさないほうが良い理由1.返済管理が大変になる

では、ここからは「借入件数」に焦点をあてることにします。

これまで総量規制など債務の総額を中心としてご紹介してきました。

それでは、借入の件数についてはどのように考えたら良いでしょうか。

何社までなら借入しても問題ないのでしょうか?結論からすると、借入件数はできる限り少ない方が安全です。

その理由は主に3つ挙げられます。

1つ目は、返済管理が大変になる、ということです。

複数の借入を行なっている場合、その支払日や支払額、金利がばらばらになってしまい、非常に管理が難しくなってしまいます。

気がついたら支払いを逃してしまっていて、信用に傷がついた、なんてことも起こりうるのです。

件数が増えてしまうと、返済漏れが出て遅延につながる恐れがる、ということに気をつけておかなければなりません。

毎月の返済が高額になる可能性も

また、複数の借入を行なっていて毎月返済を進めていく場合、合計したら返済額が高額になってしまっていた、なんてことも起こります。

それも、件数が増えてしまい管理が難しくなってしまったことが原因です。

そのため、自身の収入に見合った返済を続けていくためにも借入件数は増やしすぎることなく、しっかりと返済管理を行なっていくことが重要なのです。

借入件数は増やさないほうが良い理由2.債務整理の可能性が高くなる

また、借入件数を増やさない方が良い理由の2つ目として、債務整理をしなければならなくなる可能性が挙げられます。

消費者金融では利息のみでも返済を続けている場合、それは遅延ということにはなりません。

しかし、最低支払額のみの返済はその場しのぎにはなるものの、延々と利息だけを払い続けていくことになります。

返済残高が減らなければ、それは返済能力がないとみなされて借り入れ可能額が減額されるか、もしくは0になってしまう可能性もあるのです。

その先に待っているのが債務整理

そのような状況に陥ってしまった場合、これまでの債務をどうにかやりくりするためには債務整理に頼るしかなくなってしまいます。

債務整理とは、借金を整理して無理のない返済額にするための手続きのことです。

その手段をとり、これまでの借り入れを整理し借金や将来の利息の減額を目指すことが、最も楽な手段となってしまします。

債務整理をすると数年間は借り入れができない

そして、債務整理を行なった場合、その後数年間は借り入れができなくなることにも注意しておいてください。

確かに債務整理は返済を進めていくための現実的な手段として非常に有効です。

しかし、その後借入ができなくなってしまうというのは非常に大きなデメリットではないでしょうか。

借入件数が増えてしまうと、債務整理をしなければならなくなる可能性が高くなり、結果その後の借り入れに支障をきたすことになる、ということをしっかりと理解しておく必要があります。

借入件数は増やさないほうが良い理由3.カードローン審査に落ちやすくなる

そして、借入件数を増やすべきではない3つ目の理由が、カードローンの審査に落ちやすくなってしまう、ということです。

借入件数が多く、複数の借金を抱えているということは、信用力調査の時にそれだけ返済能力が低いとみなされてしまう可能性があります。

そのため、借入件数が少ない場合と比較して他社のカードローンに落ちやすくなってしまうのです。

借入件数は抑えるべき

ここまでの結論として、やはり総量規制などとは関係ないとしても、借入件数をできるだけ少なめに抑えるべきです。

自分で管理できる件数におさえ、しっかりと返済を続け信用履歴を積み上げていく、ということが最も重要ではないでしょうか。

借入額の総量はもちろん意識するべきですが、合わせて借入件数についても意識してみてください。

そのため、何社まで大丈夫か、という問いに対しては、できる限り件数を減らすべきであり、申し込みも1社ずつ申し込むできであると言えるでしょう。

借入件数を増やす前にできることを考えよう

そのため、今以上に借入が必要になる場合は、あらたにカードローンを申請し借入件数を増やす前にできることはないかを考えるべきです。

ここでは、借入件数を増やす前にどのような手段を取ることが可能なのかご紹介します。

いつまでに完済するのか決めてから申し込む

まずは、これまでに抱えている債務について、いつまでに完済するのかを自分の中で決めてしまいましょう。

そして、毎月いくらの返済額になるのかをシミュレーションしてみてください。

その上で、新しくカードローンを申請し債務を抱える場合も、その債務はどのような返済プランで、いつまでに返済を終えるのかを決めておいてください。

まずは現状を整理し、どのような計画で返済を進めていくのか考えることが重要です。

利率の低い業社に申し込む

そして、申し込む場合はできる限り利率の低い業者を探し申し込むべきです。

短期間での返済を考えている場合は、借入後一定期間は無利息期間を設けているような大手の消費者金融もあります。

例えば、アコムやアイフルなどが挙げられるでしょう。

無利息期間は1週間のものもあれば30日間ほど設けられているところもあります。

そのような貸金業者の利用も検討してみてください。

すでに借りている業者の増額を検討する

また、借入件数を増やすことなく借入額を増やす方法があります。

それが借入の上限額の増額です。

増額の申し込みはホームページから行えることが多いです。

そのようにして、借入件数を増やすことなく借入額の増額をはかることができることも覚えておきましょう。

まずは、本当に借入が必要なのか考えることが重要

借入件数を考える場合、何社までにおさえたら良いのか、もしくは何社までなら大丈夫なのかということを考えるかもしれません。

しかし、それ以上に大切なのは本当に借入が必要なのかどうかを考えることではないでしょうか。

本当に借入をするべきなのかどうか、また、借りるとしたらいくら借りるべきなのか、今一度慎重に考えてみてください。

新規申し込みをするなら借入件数も総額も少ないほうが良い

これまでのまとめとしましても、新規申し込みをしてあらたに借入を行う場合、借入件数も総額も少ない方が審査のためには良いと言えるのではないでしょうか。

カードローンの件数は審査の通りやすさには影響しませんが、件数が増えればそれだけ借入総額も増えることになります。

借入総額が増えると審査には通らなくなってしまいます。

それは総量規制について紹介した通りです。

年収の3分の1を超えるかどうか、ということは意識しておかねばなりません。

そのため、大切なこととしては、あらたにカードローンを申し込む前になるべく返済を済ませておくこと、件数を減らしておくことが挙げられます。

しっかりと債務を管理し、無理のない返済プランで返済を進めていけるよう、今一度振り返ってみてください。